コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。「ちょっと不思議」「ほっと一息」などを共有できれば嬉しいです。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【掌編小説】 こびとさん

f:id:kuninn:20171102000525j:plain

 

 大丈夫ですか

 あなた、今、うしろに何かの気配を感じませんでしたか?

 ダメです! 

 振り向いてはいけません

 ひょっとしたら、「こびとさん」かもしれませんよ

 

 ディスプレイに何か映り込んでいないか、そっと確認してください

 そぅっとです

 

 「こびとさん」は、とっても怖がりで恥ずかしがりや

 もし、誰かが自分に気が付いたことを知ってしまったら、

 びっくりして

 恥ずかしくて

 自分に気が付いたその人を、こびとの国へ連れ去ってしまうのです

 

 「こびとさん」とお友達になりたい?

 お気持ちはわかりますが、まずは、相手の気持ちを尊重することが大事です

 「こびとさん」は、本当に怖がりさんなのですから

 

 大丈夫でしたか

 よくわからなかったですか

 でも、けっして、確かめようとして振り返ってはいけませんよ

 絶対に、振り返ってはいけませんよ