コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。「ちょっと不思議」「ほっと一息」などを共有できれば嬉しいです。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【詩】 When the North Wind Blows ~北風が吹くとき

f:id:kuninn:20171118013754j:plain

冷たい風が北より届き

あたしの頬を強く叩く

その押し寄せる風の勢いに

あたしは前を向くことができない

 

凍えた風が北から吹き

あたしの守りを吹き飛ばしていく

その吹きつける風の強さに

あたしは身を守ることができない

 

「・・レダ

飛ばされる

あたしの迎合

「・・ダレダ

壊される

あたしの防御

「オマエハ ダレダ!」

試される

あたしの根源!

 

だけど

あたしはあたしだ!

 

そう見つけたとき

あたしは前を向くことができた

 

もう北風は冷たくない