コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。「ちょっと不思議」「ほっと一息」などを共有できれば嬉しいです。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【詩】 日々

f:id:kuninn:20180110230051j:plain

 

冬の冷気に遇えば 夏の暑さを思い

夏の日差しに曝されれば 冬の北風を懐かしむ

 

何故君は 過ぎた季節を乞うのか

 

木々が凍える中 汁滴る桃を探すのは もう止さないか

足元を見れば 香り高き苺が 実を結んでいるというのに

 

暖かき日には 風を感じる服

寒さ厳しき日には 外気を通さぬ服

日々に合った服を着ればよいではないか