コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。「ちょっと不思議」「ほっと一息」などを共有できれば嬉しいです。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【詩】 オトとカタチとキミとボクと

f:id:kuninn:20180401222353j:plain

 

わたしはサメ女だから 肌が鮫肌で哀しい

あの人はそう言って サメザメと泣いた

 

ワシは日本製なのに 中国製と間違われて困るわい

唐獅子の置物はそう言って カラカラと笑った

 

待たせたね さあ行こうか 

ボクとキミはそう言って 手をつないで歩きだした

我(ワ)と彼(レ)はつながって 我々となった

 

我々は どこからか現われ

我々は 何者かであり

我々は 何処かへと向かうのだ