コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

2020-11-29から1日間の記事一覧

【掌編小説】魔術理論Ⅰ 序論 第一回

古ぼけて陰気な講堂には10人に満たない聴講生。大きな本を左脇に抱えた男が彼らに向かって始めた講義は、「魔術理論Ⅰ 序論」というものだった。