コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【詩】 レインマン

f:id:kuninn:20180610190303j:plain

 

あのヒトは雨の中 わたしを置いて行った

公園の道をヒトリ 傘もささずに歩いて行った

 

記憶の中に残るあのヒトは

ただの黒い影に過ぎない

あのヒトの顔などはとても

思いだすことはできない

 

だけど

どうしてだろう

 

どうしてわたしは

あのヒトのことを忘れていないのだろう

 

どうしてわたしは

あのヒトがくれた冷やし飴の

ショウガの香りを探しているのだろう

 

それは子供のころのお話

あれは少女のころの物語

これは大人のための読み物

どれがあのヒトのストーリー なのだ

 

雨が降るたび

わたしは傘を差し あのヒトを探す

 

この傘はきっと

あのヒトがわたしに 持たせてくれたものだから

 

あのヒトに会って

ヒトコト

「連れて行って」と言えたなら

 

今度は

わたしも 一緒に行ける

 

そう 思うから