コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第37話

f:id:kuninn:20180421222824j:plain

(これまでのあらすじ)

 遊牧民族月の民の翁が竹林で拾った赤子は、美しい少女へ成長します。「月の巫女」竹姫と乳兄弟である羽は、逃げた駱駝を追って分け入った夜のバダインジャラン砂漠で、ある約束をします。砂漠で発生した大砂嵐「ハブブ」に襲われた二人は意識を失いますが、大伴に助けられます。宿営地で目を覚ました羽は竹姫の無事を確認しますが、なんと、竹姫は大事な約束を完全に忘れているのです。淋しさと怒りで羽は竹姫に傷つける言葉を投げつけて走り去りました。その羽と行き会った大伴は、話をするために彼をゴビへ誘い、そこで「羽磋」という名を贈って成人を認めるのでした。

※これまでの物語は、下記リンク先でまとめて読むことが出来ます。

月の砂漠のかぐや姫 | 小説投稿サイトのアルファポリス

 

【竹姫】(たけひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。赤子の時に翁に竹林で拾われた。羽磋に「輝夜」の名を贈られる。

【羽磋】(うさ) 成人前の名は「羽」。竹姫の乳兄弟の少年。その身軽さからと呼ばれていた。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【有隣】(ゆうり) 羽の母、大伴の妻。竹姫の乳母。

【至篤】(しとく) 大伴の遊牧隊に参加している女性。竹姫や羽に姉のように接している。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【弱竹】(なよたけ) 竹姫が観ている世界での月の巫女。若き日の大伴と出会っている。少女の頃の名は温姫(おんひめ)

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族。片足を戦争で失っている。

【秋田】(あきた) 月の巫女を補佐し祭祀を司る男。頭巾を目深にかぶっている。

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第37話】

 「あれは、まだ、俺が十二の頃の話だ‥‥‥」

 思い出し思い出ししながら、大伴がゆっくりと語り始めたその話は、彼が前置きしたように、少し長いものになりそうでした。それは、大伴がまだ羽磋と同じ年の頃の話でした。

 大伴の話を一字一句聞き漏らさないように、全身を耳にして聞いている羽磋でしたが、父の話を聞いていると、とても不思議な気持ちが、自分の内に湧き上がってくるのでした。それは「父上が十二の頃、ちょうど今の自分と同じ頃の話」なのです。もちろん、父にも子供の頃があったということは、頭では理解しています。しかし、物心ついた時から、羽磋にとって大伴とは、分厚い掌と大きな背中を持ち、先頭に立って遊牧を引っ張る頼もしい存在だったのです。そして、大伴は注意深く自分の気持ちには言及せずに話をしていたものの、羽磋にはその話は少年大伴の恋の話に聞こえたものですから、どこかこそばゆい不思議な気持ちが羽磋の心に浮かび上がってきたのも、仕方がないことなのでした。

 

 大伴は、まだ皆から「伴」(とも)と呼ばれていた十二歳の頃に、貴霜(くしゃん)族の讃岐村から双蘼(そうび)族の筑紫村へ出されました。それは、月の民の中で行われる一種の「人事交流」でした。幾つもの部族の集合体である月の民は、それぞれの部族の融和と意思の疎通を促進するために、将来それぞれの部族の中心となるであろうと期待をされた若者を、他の部族へ出して数年間過ごさせるという風習を持っており、伴もその将来を嘱望された若者の一人だったのでした。

 伴は、今の大伴の堂々とした様子からはとても想像できないような、引っ込み思案の内気な少年でした。自分が表舞台に立つことは無く、常に誰かの傍らに控えていることから、皆から「伴」と呼ばれていたほどです。しかし、仲間を想う気持ちは人一倍強く、大事なところでは皆がびっくりするような思い切りのいい判断をして、皆の先頭に立つ一面もありました。そのような長所を評価されての筑紫村行きだったのかもしれませんが、それは、伴にとってはこの上もない苦痛だったのでした。

 

「考えてもみろよ。引っ込み思案だった子供の頃の俺が、初めての他族の村でずっと過ごすわけだぜ」 この頃のことを語る大伴の口調には、懐かしさに加えて苦々しさも混ざっていました。

 

 双蘼族は、ゴビの東の端で、南北に広い範囲で遊牧を行っていて、その遊牧生活の中心となる村の一つが筑紫村でした。村は祁連山脈の南東の高地にあり、祁連高原への入口となっていました。高地にあることから、冬には大変厳しい寒さが訪れるのですが、村は大いに栄えていました。なぜなら、村がある地域一帯には温泉がいくつも湧き出しており、地熱のせいでしょうか、村の周囲には豊かな草原が広がっていたからです。

 筑紫村には、祁連山脈沿いに広がっていた竹林の中で拾われて、大切に育てられた「月の巫女」がおりました。その娘は、拾われた場所の近くに温泉の源泉があったことと、そのとても温かな心持ちに由来して、皆から「温姫」(おんひめ)と呼ばれていました。

 温姫は伴とちょうど同じ年齢でしたが、その年齢よりもずっと大人びた雰囲気を持った少女で、接する人みんなを温かく包み込む、大きな優しさを持っていました。そうです、異族の村に溶け込みたいものの、どうすれば人と打ち解けることができるのかわからずに孤立していた伴を救ってくれたのが、この温姫だったのでした。

 

「少女の頃から、それはそれは美しい女性だったよ」 温姫について語る大伴の声が、ゆっくりと空へ上がっていきました。

 

 温姫と伴とは、笑い話のような出会いをし、それから、伴は温姫を通じて村人たちと打ち解けることが出来始めたのでした。筑紫村で、伴がいつも一緒に過ごした仲間は、温姫、温姫の乳姉妹で同い年の庫(くら)、自分と同じように他の部族から出されて来ていた阿部(あべ)でした。阿部は伴たちより五歳年長で、既に成人していました。また、彼等には、共通の憧れの存在がありました。その男の名は御門、庫の十歳年上の兄であり、その優れた能力を評価されて、双蘼族の若者頭を務めていました。古いことから新しいことまで何にでも興味を示す博学の男で、特に温姫は実の兄のようにこの男を慕っていたのでした。

 伴が双蘼族に出されて一年ほどたった秋の事でした。

 毎年秋の終わりの頃には祁連山脈はすっかり雪をかぶって真っ白になるのですが、地熱の恩恵を受けている筑紫村の周りでは、ようやく草地の葉が枯れ始める時期にあたっていました。夏から秋にかけての間は、貴霜族は筑紫村を拠点に放牧を行うのですが、秋が終わるこの頃に、放牧隊は冬を比較的温暖な低地で過ごすために低地への移動を考え始め、村に残るものは冬を越すための準備を始めるのでした。もっとも、これは、地熱の恩恵を受けている双蘼族の筑紫村だからできることで、筑紫村を通り抜けた先の祁連高原を夏の放牧地としている貴霜族の放牧隊は、夏の終わりにはこの場所での放牧を切り上げて、祁連山脈の北側、ゴビの台地へと山を下りていくのでした。

 例年ならば、季節は緩やかに秋から冬に変わっていきます。しかし、どうしたことか、その年はあれよあれよという間に、気温が下がっていったのでした。さらに悪いことに、村の命の温もりともいえる温泉や地熱が、突然その熱を失ってしまったのです。「このままでは村は冬を越せない。家畜も人もみんな死んでしまう」と村人たちは大騒ぎになりました。当然です、これまで、このようなことは、一度も起きたことがなかったのですから。その大混乱の中で、まだ村に留まっていた御門は、温姫、庫、阿部、そして、伴を連れて、祁連山脈の中にある温泉の源流へと向かったのでした。狼などから身を守りつつ慣れない雪山を歩く困難な道のりの果てに、彼らは源泉へたどり着きます。そして、そこで温姫は精霊と会話を交わすことに成功し、問題となっていた恐ろしいものを排除することによって、村に再び温もりを与えることができたのでした。

f:id:kuninn:20180421223114j:plain