コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第53話

f:id:kuninn:20180421222824j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

※これまでの物語は、下記リンク先でまとめて読むことが出来ます。

月の砂漠のかぐや姫 | 小説投稿サイトのアルファポリス

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わって、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第53話】

 それは、自分たちに矢を放とうとした野盗という、一つの危険を取り除いたものではありましたが、さらに大きな危険を呼び寄せるものでもありました。つまり、今まで奇妙な膠着状態に陥っていた場が、とうとう動き出してしまったのでした。

「やりやがったなっ」

「こいつら、絶対生かして返さねぇ」

「行け、行け、行けぇ」

「こ、ここ、こんなにゃろうぅっ」

 野盗たちは、一斉に二人に向って走り出してきました。その内の何人かは、苑と羽磋の弓矢で倒せるかもしれませんが、とても、それだけで防ぎきれる人数ではありません。

「なんで、こんなことに‥‥‥。輝夜を救うために、阿部殿に会わないといけないのに」

 羽磋は、自分勝手に野盗を煽っていた苑を恨めしく思いました。でも、苑を見殺しにして逃げ出そうという考えは、彼の中にはまったく浮かんでは来ませんでした。

 とはいえ、自分たちに襲い掛かってくる盗賊たちを撃退する、良い考えが浮かぶわけでもありません。いったい、どうすればいいのでしょうか。

「くそ、こうなったら、できるだけのことはするさ」

 覚悟を決めると言えるほど、しっかりと考えをまとめたわけではありません。そもそも、そんなに、考えをめぐらしている時間の余裕なんてありません。ただ、何をしてよいかわからない中で、目の前のことを何とかしよう、そう決意しただけでした。

 羽磋は、野盗の先頭に立って走ってくる男に向って、弓を引き絞りました。一人でも多くを矢で倒し、あとは何とか、短剣をふるって囲みを突破する。それぐらいの事しか思いつきませんし、それすらもできるかどうかわからないのです。

 羽磋が、祈るような気持ちで矢を放とうとした、その時。

 野盗たちの背中側、狭間の入口側から、重い地響きが聞こえてきました。

「来たぁ! 来たっすよ、羽磋殿」

 羽磋の横から、心からの喜びに彩られた苑の声が聞こえてきました。

 ド、ドド。ドド。ドドド。

「なんだ、なんだ。この音は」

「おい、止まるな、行けよ」

「後ろの方から、何か来てんのか、オイッ」

 一斉に前に進もうとしたところに、自分たちの後ろから、重い地響きが聞こえてきたものですから、野盗たちも大混乱です。羽磋たちに切りかかろうとして前に進もうとする者、後ろを確認しようとして立ち止まる者が、無秩序に入り乱れていました。馬に乗っている野盗は、自分の周りで起こった混乱に驚き暴れている馬から振り落とされないように必死で、とても弓で二人を狙うどころではありませんでした。

 ゴオッツ!

 その混乱の中へ、一つの塊が激しく叩きつけられました。

「冒頓殿!!」

 苑が叫びました。

 狭間の入口側から突入した冒頓以下数騎の護衛隊が、何の躊躇も見せずに、野盗の群の中央にぶつかってきたのでした。それは、まるで黒い岩の塊でした。その岩の塊に触れた野盗たちは、次々と弾き飛ばされ、大地に叩きつけられました。

「うわぁ!」

「おい、なんだ、なんだ。ああ……」

 あまりに、冒頓たちが突然に現れ、また、その動きが素早かったために、自分がなぜ倒れているのか、その理由が判っていない野盗もたくさんいたと思われます。

 冒頓たちは、その速度を少しも緩めることなく、野盗の群を真っ二つに割って羽磋たちの元へ到達しました。そして、二人の傍で手綱を引いて馬を反転させると、今度は、冒頓が黙ったまま槍を差し出した右手の集団の方へ向かって、再度突撃していくのでした。

 あまりに急激な冒頓たちの動きについていけず、野盗たちは、抵抗らしい抵抗をすることもできません。ただ、冒頓たちが振るう槍の前で、自分の順番を待つことしかできないのでした。

「す、すごい・・・・・・」

 冒頓が羽磋の側で馬を返したとき、羽磋には、彼が二人の方にちらりと視線を送ったような気がしました。数十人の野盗の群を断ち切ったのに、全く緊張した様子も見せず、わずかに返り血で赤く染まっているその顔には、子供のような笑みが浮かんでいたようにさえ思えました。

「笑っていた‥‥‥」

 羽磋には、ただ茫然とその一部始終を見届けることしか、できませんでした。冒頓が乱入してきたときからずっと、視線を冒頓から離すことが出来ないでいました。羽磋は、自分が矢を弓につがえたままであることにすら、気が付いていませんでした。

 

 全てが終わるまでに、長い時間は必要とはされませんでした。

「よおぅ、おつかれさんだったな」

 冒頓は、まだ息を荒げている愛馬をなだめながら、羽磋と苑の方へ向かってきました。

 冒頓の背後では、彼の部下が、壊滅した野盗の群から、金目のものや役に立ちそうなものを回収していました。もちろん、数頭の馬は貴重な財産なので、下馬したものが轡をとって、逃げ出さないように管理をしていました。あまりに素早く激しい動きで、その人数も定かでなかった冒頓の部下でしたが、改めて見てみると、頭目の彼を入れても、わずか五人に過ぎないようでした。

f:id:kuninn:20180421223114j:plain