コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【閑話】 120編のマイルストーン

f:id:kuninn:20171218000232j:plain

 

 みなさん、こんにちは。くにんです。

 もうすぐGWですね。カレンダーどうり休める方、そうでない方、様々でしょうけど、大きなイベントであるのは間違いないですね。有難いことに、僕はカレンダーどうり休めるのですが、よく考えてみると、社会に出てから〇〇年経ちますが、一番長い休みになります。(*^-^*)

 

 おおよそ120編のマイルストーンです。

 創作全体(小説と詩)の数と合わせようとして、若干ショートシフトしております。

 ちょっと一休み。肩の力を抜いて、閑話です。

 

 いつも、「月の砂漠のかぐや姫」を始めとする創作や閑話を読んでいただいて、ありがとうございます。「月の砂漠かぐや姫」は書き始めてからおおよそ一年が経ちます。最初から読んでいただいている方、途中から読んでいただいている方、お陰様で続けて来れました。本当にありがとうございます。

「話数」が多い作品は、なかなか途中から読みづらいものですよね。漫画の長期連載などには、いったん終了して、続きは新〇〇という形にして、途中から入りやすくしたものもありますが・・・・・・。

「月の砂漠のかぐや姫」は、新聞連載小説のように、少しずつだけど定期的に楽しめるものを目指していますので、話数は多くなります。でも、内容量はまだそれほどなので(笑)、未読の方、是非始めからお読みください。すぐに追いつけますよ。(ようやくライトノベルの単行本2冊分くらい・・・・・・なのかな?)

 

 嬉しいお知らせがあります!

 「月の砂漠のかぐや姫」は、「note」というサービスでも公開しています。

 そのnote で、ヤチダモの幹(わたむし)さんから、ファンアートをいただいたのです! ヤチダモの幹(わたむし)さんは、仲間と共に音楽を作ってらっしゃる方で、わたむしというのが、そのバンド活動のお名前です。始めはわたむしというお名前で投稿をされていたのを、途中から個人活動はヤチダモの幹というお名前に切り替えられたので、僕は今でも「わたむしさん」とお呼びしています。

 わたむしさんは、イラストや詩作などでも、素晴らしい作品をたくさん投稿されていますが、中でも、雰囲気、世界観をたっぷり感じることができる歌が、僕は大好きでした。

 前置きが長くなりましたが、そのわたむしさんからいただいたファンアートは、「月の砂漠のかぐや姫」の「劇中歌」です! 第25話で弱竹姫が儀式の際に歌った、あの唄(古き唄「風」といいます)です。

 第一声から、聴く人の心をゴビの台地に連れて行く力を持つ、とてもいい曲です!!

 因みにということで、第25話へのリンクもつけておきます。ご自分のイメージされた曲とどう違うのか、と比べてみるのも楽しいかもですね。どちらが正解というものではないので。(^-^) もともと、伝承される歌なので、地域、時期によって異なるものがあるという設定でもありますし。

 是非、一度お聴きください。(*^-^*)

 

〇ヤチダモの幹(わたむし)さんからいただいた 劇中歌

 https://note.mu/watamushi2018/n/nf2135814a27f

 

〇ヤチダモの幹(わたむし)さんの note

https://note.mu/watamushi2018

 

 

www.kotogotono.com

 

 

 

 ファンアートは、以前に 明読斎 (id:tanisuke1234) さんから、竹姫のイラストをいただきました。

 やっぱり、読んでいる方からこういう作品をいただけるというのは、本当にうれしいですね。有難いです!!

 

明読斎 (id:tanisuke1234) さんからいただいたイラスト 

 https://kotobanokoto.hatenablog.com/entry/2018/05/23/133038

こちらも是非、ご覧ください!

 

 

 前回「110篇のマイルストーン」で、「120編のマイルストーンまでには王柔君の話も一段落して・・・・・」と書いたような気がしますが、あれ・・・・・・。えーと、あと2話で一段落(?)します。その後は、また、羽磋君が頑張ってくれるはずですので、よろしくお願いいたします。

 

 

 末筆で恐縮ですが、GWという一大イベントが控えていますが、休むにしろ仕事するにしろいつもと違う生活リズムになりますので、皆さま体調を崩されないように、ご自愛ください。

 また、130編のマイルストーンで、お会いいたしましょう。

 

                                 くにん