コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第87話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、下記リンク先でまとめて読むことが出来ます。 

 

www.alphapolis.co.jp

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第87話】 

 時は戻り、王花の酒場の奥の小部屋では、王花たちの話が続いていました。

「この子は風粟の病には罹っていない。少なくとも今はね。それはアタシが保証するよ。だから安心しておくれ、冒頓」

 そう言いながら理亜を見る王花の目は、とても優しいものでした。また、その口調には、冒頓を非難するような響きはありませんでした。むしろ、そこには、言いにくいことを口にしてくれた冒頓への感謝の気持ちすら、込められているようでした。

 王花の言葉を受けた冒頓も、それで納得をしたようでした。彼にしても、護衛隊の隊員は、異国の地での数少ない同胞であり、自分の家族のようなものですから、疫病という恐ろしい危険があるかどうかは、どうしても確認をしておかなければならない事だったのです。

 いずれにしても、風粟の病という恐ろしい災いの危険があるかどうかは、はっきりとしておかなければなりません。結果的に理亜を追い詰めることになるのかも知れないその確認の言葉を、あえて冒頓が口にしてくれたことを、王花は判っていたのでした。

「それで、だ。アタシと王柔は、理亜をうちの酒場に迎え入れることにしたというわけさ。幸か不幸か、この子は交易隊からヤンダルに置き去りにされたわけだからね、もう奴隷という立場からも解放されたというわけだよ」

 王花の話すことが、羽磋にはとても不思議なものに感じられました。もちろん、理亜と呼ばれるあの小さな少女が、奴隷という厳しい立場から解放されたということは、とても喜ばしいことです。でも、彼女の人生に、そのとても大きな変化をもたらしたのは、交易隊の隊長の「この子を置いていく」という決断、ただそれだけだったのです。

 その言葉が発せられる前まで「奴隷」だった理亜は、その言葉が発せられたとたんに、ただの「少女」になったのです。ほんのわずかな時間の間に、本人には何の変化もないのに、彼女の人生になんと大きな変化が起きていたのでしょうか。

 不思議だ。立場って何だろう。一時は「奴隷」として自由が奪われていたのに、ある言葉があっただけで、それは回復している。それはもちろん交易隊の隊長が決めたことだけど、その人の一言だけで、どうしてこんなにも大きな変化が起きるのだろう・・・・・・。

 彼女の身に起きた出来事を想像すると、羽磋は何か大きな力によって体をぐるぐると回されているような気がして、頭がクラクラとしてくるのでした。

「だけど、それでめでたしめでたしというわけにはいかなかった。大きな問題が二つ出てきたんだ」

「え、二つ、ですか・・・・・・あ、すみません、王花殿」

 自分の想像の流れて行く先に気を取られていた羽磋でしたが、思いがけない王花の言葉に、思わず口をはさんでしまいました。

 しまったとでも言うかのように体を小さくしている羽磋に、王花は気にしないで良いよと、軽く手を振りました。

「いいんだよ、気になったことがあったら何でも聞いてくれて。そう、大きく分けて二つなんだよ。一つはさっき王柔が話した通りの、理亜についてのことだ」

 王花は、王柔と理亜の方を眺めました。王柔も振り返って、心配そうに理亜の顔を見つめました。

「最初の日に王柔が経験した通り、この子は他人に触れることができない。他人がこの子に触れることもできない。それに、この子は夜になると消えてしまうんだ。まるで、太陽が地下に潜るときに、一緒にこの子を連れて行ってしまうかのようにね。もっとも、次の朝に太陽が顔を出すときには、またこの子を連れてきてくれるんだけどさ」

「それは・・・・・、不思議な出来事ですね。その夜になると消えてしまうという現象は、今でも続いているのですか、王花殿」

「残念だけど、そのとおりなんだよ。いろいろ手を尽くしては見たんだけどね」

 理亜を迎え入れたあとで、王花たちは理亜に何が起こっているのか、なんとかして元の身体に戻してやれないかと、いろいろと考えたのでした。つてをたどって土光村の長老に相談もしたのですが、彼らの長い経験の中にも思い当たることがなく、ただ首をひねるばかりだったのでした。

 結局わかったのは、先程の話に出てきたような、理亜の身体が消えてしまう時間帯の法則性ぐらいだけでした。もちろん、それが判るまでは毎晩、王柔たちは「理亜の姿が消えたまま、二度と現れないんじゃないか」という心配をしていたのですから、それだけでも大きな進歩ではあったのですが。

 理亜のことについて、それは不思議な出来事だと感想を漏らした羽磋でしたが、その話を聞いて思いだしたことがあったのでした。それは、大伴から聞いた弱竹(ナヨタケ)姫の話でした。たしか、月の巫女であった弱竹姫が、その身に蓄えた精霊の力を使った代償として自らの過去を失い、その結果として彼女の存在自体が消えてしまったという話だったはずでした。

 羽磋がこの場にいるのも、輝夜姫が弱竹姫と同じように消えてしまうことがないように、何らかの術がないかと阿部に相談するために旅立ったことからでした。理亜の出来事と弱竹姫の出来事が似ているのだとすると、ひょっとしたら、この理亜の身に起きている出来事にも精霊の力が関わっているのかも知れません。そうであれば、理亜のこの問題を解決できれば、自分が探している術の参考になるのかも知れない、羽磋はそう考えるのでした。

f:id:kuninn:20180421223114j:plain