コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第88話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、下記リンク先でまとめて読むことが出来ます。 

 

www.alphapolis.co.jp

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第88話】 

「ひょっとしたら、精霊の力が関係しているのかも知れませんね・・・・・・」

 注意深く、羽磋はその言葉をテーブルの上に載せました。月の民にとって精霊とは自分たちと祖を同じくしている兄弟で、紛れもなく現実の存在でした。とはいえ、それは大自然と同様に捉えどころのない存在であって、唄や儀式で感謝や祈りを捧げることはあっても、その力を具体的な何かに利用しようとする考えや企てはありませんでした。そう、御門が烏達渓谷の戦いで行った儀式の他は。

 羽磋は大伴から聞き、御門が積極的に精霊の力を利用しようとしていて、そのために、月の巫女を道具として使おうとしていることを知っていました。もちろん、羽磋や大伴や阿部は、それには反対の立場です。でも、他の人がどのように考えているかはわかりませんし、ひょっとしたら、自分では考えてもいなかったところに、御門側の人間がいる恐れさえあるのです。例えば、遊牧隊で羽磋や輝夜姫と共に暮らしていた至篤です。彼女は御門に対して使いを出して、竹姫(輝夜姫)がオアシスで月の巫女の力を使ったことを伝えていました。

 ですから、羽磋は精霊の話や月の巫女の話をするときには、相手の顔色の変化などを注意深く観察して、相手がどちら側の人間なのかを見極めようとしているのでした。

「精霊の力か。ああ、そうだな。その可能性は充分にあるんじゃねえか」

 羽磋が机に載せた言葉に真っ先に反応したのは、冒頓でした。

「今回は月の巫女は関係ないかも知れないけど、その祭器が関わっている可能性はあるわね」

「私もそう思います、王花殿。何らかの祭器がそこにあって、精霊の力を高めているのではないでしょうか。だからこそ、理亜のことの他に、あのようなことも起こり得たのだと考えます」

 冒頓の言葉に、王花や小野も続きました。

 自分の言葉に対して小部屋にいる面々がどのように反応するかを窺おうと、気を張っていた羽磋が拍子抜けするほどあっさりと、冒頓や王花は、精霊の力、それに、月の巫女に関しての考えを口に上らせるのでした。そして、大伴が「月の巫女の秘密を共有している」と話していた小野までもが、月の巫女のことを秘することなく、口に上らせていたのでした。

「ああ、羽磋殿。そんなに心配そうな顔をして。大丈夫です、安心してください」

 よほど、羽磋が心配そうな顔をしていたのでしょう。小野は自分の意見を述べるのを小休止して、机の反対側の羽磋の方へ、気を配りました。

「この王花の盗賊団は、もともと阿部殿が作られたものです。そして、われら交易隊もそうです。それらはヤルダンの管理や東方・西方との交易という役割を持っていますが、それと同時に、月の巫女の力に関する調査、とりわけ、その祭器の収集という役割も持っているのです。もちろん、そちらの方は秘かな役割としてですが」

「ああそうだ。俺たちも阿部殿には恩を受けているからな。協力してるのさ。どうやら、月の民の人間よりは、俺たち外部の人間の方が信用が置けるらしいぜ、この件に関してはな。おっと、だが、この件を知っているのは、俺とこの超克までだからな。まちがっても、小苑にこのことを話しちゃいけないぜ、羽磋」

 冒頓も、羽磋に事情を説明しました。

 小野の説明の通り、この部屋に集まっている王花の盗賊団、小野の交易隊、その護衛隊の頭目たちは、阿部の指示の元で、月の巫女に関しての調査活動などを行っているのでした。

 確かに、ヤルダンは交通の要所であり、ここを通る交易隊は、事実上すべての隊が王花の盗賊団に案内を依頼する必要がありますから、月の民だけでなく各国の情報が、王花の盗賊団に入ってきます。それに、小野の交易隊は東方の秦や西方のパルティアまで、交易のために旅をしていますから、月の巫女の儀式で使われるという祭器を探すには、最適の者たちと言えるでしょう。阿部は、御門という月の民の単于(王)の力の影響を受けないように、自らが育てた部下を慎重に配置することで、月の巫女に関する情報や祭器の収集に関して、独自の探索網を構築していたのでした。

「そうだったのですか・・・・・・」

 そのような事情を知らなかった羽磋は、一気に自分の肩が軽くなったような気がしました。大伴は「小野と月の巫女の秘密を共有している」という説明だけで、息子に充分な情報が伝わったと考えていたようですが、息子の方は、誰にどこまで話してよいのかわからず、そして、それを相談する相手もおらずに、思い悩んでいたのでした。

「だから羽磋殿、月の巫女の力の調査に関して、アタシたちは協力できる。ま、はっきり言うと、仲間さ。アンタも大伴殿と同じ考えなんだろう?」

「そう、そうです。私も父と同じように、月の巫女が月に還れるようにしたいと思っているのです」

「なら、アタシたちは、仲間さ。なぁ小野、冒頓」

 羽磋の言葉を両手をあげて歓迎した王花は、小野と冒頓に笑顔で同意を求めました。それに対して、小野は真面目な顔で頷くことで、冒頓はにやっと笑って杯を掲げてみせることで答えるのでした。

f:id:kuninn:20180421223114j:plain