コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【閑話】 170編のマイルストーン

f:id:kuninn:20171218000232j:plain

 

 

 みなさん、こんばんは。くにんです。

 10月も終わろうとしております。ようやく、気候も秋らしくなってきました。

 例年、この辺りから、日が経つのが速くなるんですよねぇ。

 最近、仕事も忙しくて、バタバタしております。(>_<)

 

 

 さて、おおよそ170編のマイルストーンです。

 マイルストーンの時期なのを忘れておりまして、いつものペースより少し遅れての登場です。

 ちょっと一休み。肩の力を抜いて、閑話です。

 

 

 まずは、御礼を。

 いつも「月の砂漠のかぐや姫」を始めとする創作や閑話を読んでいただいて、ありがとうございます! 

 「月の砂漠のかぐや姫」も、ようやく第二幕の後半に入りました。現在第114話まで進んでおります。

 自分でも「よーやるわー」と思うこの長期連載、しっかりと続いてこれたのは、読んでくださっている方がいらっしゃるからです。本当にありがとうございます! これから、話に動きが出てきます。しっかりと書き続けていきますので、今後もよろしくお願いいたします!!

 

 まだお読みでない方、1話約2000字、週1回から2回の更新なので、今から読み始めても充分追いつけますよ。ゴビの砂漠を舞台に遊牧民族の少年少女が頑張る、竹取物語をオマージュしたファンタジー物語です。竹姫や羽とご一緒に旅してみませんか。 

www.kotogotono.com

 

 

 

 

 ところで、その「月の砂漠のかぐや姫」のお話ですが、書き始めてから大体一年半ほど経過しています。

 それだけ長い時間が経つと、当初考えていたあらすじを忘れてしまったり、また、一度設定した事柄がおぼろげになってしまったりしがちです。

 ノートに書き込んでもいいのですが、僕が利用しているのが、「Nana Terry」というアウトラインプロセッサです。フリーソフトで、ツリー型(階層型)のメモを作成・管理してくれます。

 

f:id:kuninn:20191024231619j:plain

 

 こんな感じで、階層構造になります。

 

f:id:kuninn:20191024231700j:plain

 

 キャラクターを開くと・・・・・。あれ、まだ、本編に出てきていない人もいるぞ(^-^;

 

 パソコンで管理できますので、本文を書きながら参照できます。単純な階層管理しか機能を利用しておらず、その整理も充分にはしていないのですが、とても便利です。

 おなじようなソフトは他にもあるようですが、ご参考まで。

 「Nana Terry」について、詳しく紹介されているサイトのリンクも貼っておきます。

novella.works

 

 

 

 読み切りの作品「標本採集調査」は、ムラサキ (id:murasaki_kairo) さんがnoteで編集されているアンソロジーに、投稿した作品です。毎月テーマが設定されるこのアンソロジー、今月のテーマは「標本」でした。 

www.kotogotono.com

 

note.mu

 

 最近、掌編・短編が「いい話」ばっかりになって来ているような気がしたので、反対側の話を書きたいな、と思って書いたのが本作です。割ときれいにまとまってくれました。

 掌編・短編を書くときには、「如何に短くまとめるか」が、僕の大きなテーマになりつつあります。(「黒い羊」以来・・・・・・)

 これは、ショートショート的なものを目指しているからではなくて、単純に「長い話を書く余裕がない」からです。(^-^;

 最初にアイデアを考えて、それをこねくり回している段階では、段々と話が膨らんで長くなっていきます。そして、それを話としてまとめる段階で、ギューと圧縮していくわけです。

 本作は、こねくり回しているときに余り空気が入らなかったのか、ほとんど圧縮する必要がありませんでした。(*^-^*)

 

 次のアンソロジーのテーマは「人形」です。その話を、今こねくり回している最中なんですが、まぁ、良く膨らんでいること! 果たして、きちんと形になるんでしょうか・・・・・・。

 

 

 

 今回も、のんびりとした「閑話」でございました。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 寒暖の差が大きい上に乾燥もしています。皆さま体調を崩されることがありませんように。インフルエンザ対策もボチボチ考えないとですね。

 そして、次の180編のマイルストーンで、またお会いいたしましょう!