コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第119話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、下記リンク先でまとめて読むことができます。

www.alphapolis.co.jp

 

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第119話】 

 ドドッドドドッ! ドドドッドドドッ!!

 

「うわ、なんだ。あれは・・・・・・」

「信じられん。こんなことがあるのか・・・・・・」

 

 もう、護衛隊の面々にも、自分たちに向ってきているソレが何かが、見て取れるようになっていました。

 出発の前にあらかじめ、ヤルダンに何か不思議なことが起きているとは聞かされていたものの、実際に目に飛び込んできた異形のソレは、彼らの健康な心を激しく動揺させました。

 砂煙をかき立てながら走ってくるソレは、やや黄色く日に焼けたゴビの赤土でできたサバクオオカミの群でした。もちろんソレは、生きたサバクオオカミではありません。サバクオオカミの形をした砂像、奇岩たちが、どういう不思議な力が働いているのか、その四肢で大地を蹴り、全身を大きく動かしながら、こちらへ向かってきているのでした。

 サバクオオカミは、このゴビの砂漠で群をなして生息する獣で、交易隊や遊牧隊のものをたびたび悩ませる存在でした。ですから、彼等も、今ここで初めてサバクオオカミと出会ったわけではありませんでした。

 しかし、このような、目にするだけで、心をぎゅっと冷たい手で鷲掴みにされ、背筋を凍らされるような、恐ろしいサバクオオカミに遭遇したことは、今までに一度もありませんでした。

 ソレは、砂や土でできているということは勿論ですが、その形そのものが奇妙なのでした。サバクオオカミの像ということはわかるものの、決して生きているサバクオオカミそのものを写し取ったものではなく、まるで、子供が作り上げた粘土細工のように、大雑把で不格好なものなのでした。

 異形。

 その姿を伝えるには、これ以上の言葉は無いのかも知れません。

 通常のサバクオオカミの群であれば必ず発する「ハッハッハッ」という荒い息遣いや、彼らの身体から立ち上がる湯気のようなものは、一切ありません。

 無言。響くものといえば、ソレらが大地を蹴る音だけ。

 無機質。生気などは一切感じられず、まるで夢を見ているかのよう。

 あまりに非日常的なその光景に、弓をつがえ戦いに備えている護衛隊の各員も、だんだんと自分がどこにいるのかがわからなくなってくるのでした。

 誰かが身体を揺り動かして、「起きろよ、いつまで寝ているんだ」と、この悪夢から逃がしてくれたなら、どれほど安心するでしょうか。

 でも、そのような救いの手は誰も差し伸べてくれませんでした。

 紛れもなくこれは、彼らと彼らが立っているゴビの大地と同じ、現実の世界に属する出来事なのでした。

 

「まだだ! まだ撃つなよ!!」

 交易隊全体に、冒頓の指示の声が響き渡りました。護衛隊の者たちにとっては、その声にも、サバクオオカミの奇岩が持っているのと同じような、不思議な力があるように感じられました。もっとも、奇岩が持つ不思議な力は「恐怖」でしたが、冒頓の声が持つ不思議な力は「安心感」なのでした。

 並みの指揮官が率いている隊であれば、まず、最も心の弱い隊員が恐怖に耐えかねて自分の矢を放ち、それをきっかけとして、あるものは攻撃を、あるものは逃亡をと、混乱を極めていたことでしょう。

 サバクオオカミの奇岩の群は、直接ぶつかり合う前に、それだけの恐怖と違和感でもって護衛隊に対して攻撃を仕掛けていたのです。そして、その攻撃に対して、「耐える」ということは、最も効果的であっても、最も困難な対処法であったのでした。

 あらかじめ聞かされていたとは言え、伝承の中でしか出会ったことのないような異形に遭遇した護衛隊、彼らが狼狽したり混乱したりせずに、整然とソレを迎え撃つ体制を取っていられたのは、まさに冒頓に対する信頼感があってのことだったのでした。

「たしかに、いきなりアレに襲われたとなれば、盗賊団の連中が壊滅したのも無理はないかもな」

 額に手を当ててサバクオオカミとの距離を測りながら、冒頓は心の中で、そうつぶやきました。冒頓ほどの男にも、その歪な像から叩きつけられる恐怖と違和感は、充分に感じられていました。

 それでも、彼は、この異形のサバクオオカミの群に、自分たちが呑み込まれてしまうとは、全く考えていませんでした。

 それは、小野の交易隊の護衛として、これまでに様々な場所でいくつもの困難を乗り越えてきたという自負と、勇猛な匈奴の男で構成された隊へのゆるぎない信頼と誇りがあったからでした。

「よし、よし、もうすぐ、もうすぐだ・・・・・・。へへ、どうやら、あいつら、その頭ん中まで砂が詰まっているようだぜ。真っすぐに、突っ込んできやがる」

 ブツブツとつぶやく冒頓の傍らでは、羽磋と苑が、息を凝らしながら彼の様子を見つめていました。苑の両手には、小さな銅鑼が握られていました。

 わずかな時間、沈黙があったでしょうか。

 次の瞬間、冒頓は叫びました。

「よし、いまだっ!」

 

 ドーン、ドーンン、ドーンン・・・・・・。

 

 冒頓の指示を受けた苑は、馬上で大きく銅鑼を鳴らしました。よく訓練されている彼らの馬は驚いた様子を見せませんでしたが、周囲に鳴り響いた力強いその音は、離れたところにいる交易隊の駱駝たちにさえ大きな驚きを与え、そこからは一斉に大きな悲鳴のような鳴き声が上がりました。

 

 ド、ドドドドッ。ドド、ドドドド、ドドドドッ!

 

 しかし、サバクオオカミの奇岩たちは、まるでそんな音など存在しなかったかのように、向かってきています。もう一体一体の姿が、はっきりと見えるようになっています。息を吐くことのないその口が、何かを喰いちぎるために大きくあけられていることまでもが、目に入るようになってきています。

 その群れに向って・・・・・・。

「いけぃ!」

「ホラァ、ヨォッ!!」

 

 シュウッ、シュゥゥゥーッ。シャシャシャ・・・・・・!!

 

 耐え忍んだ重苦しいナニかを吹き飛ばすかのような叫びと共に、両側に広がった護衛隊の騎上から、無数の矢が放たれたのでした!!

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain