コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

これまでのあらすじ㉟(「月の砂漠のかぐや姫」第129話から第130話)

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

 

 

 パソコンの不調により中断が長引いたため、再開にあたり第一話から中断したところまでの物語を、一度振り返りたいと思います。

「最初から読んでなかった」という方もこれで安心、すぐに本編に追いつけます!

 これからも、竹姫や羽たちと共にゴビの砂漠を旅していただけたら、作者としてこれ以上うれしいことはございません。

 よろしくお願いいたします!

 

 

※これまでの物語は、「月の砂漠のかぐや姫」のタブでもご覧になれますし、下記リンク先でもまとめて読むことができます。

 

www.alphapolis.co.jp

 

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きどん)族へ出されることとなった。大伴の息子。幼名は「羽」(う)

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【あらすじ㉟】

「あなたは・・・・・・、誰、ですか?」

 いまでは自分の頭よりも大きくなって迫ってくる眼球、その中心にある真っ黒な真円に映しだされている男に、王柔は語りかけました。その黒い海に浮かぶ細い体つきの男は、いかにも心細そうに両腕をぎゅっと自分の体に巻き付けていました。

 王柔は、この男を知っているような気がしました。それも、とても身近な存在としてです。

 さらに大きくなって、空の青さも日干し煉瓦造りの建物もその背に隠してしまった少年の眼球、その真ん中に映る男の背中に、王柔の心は吸い寄せられてしまいました。彼は、なにも考えることができないまま、ゆっくりと男のところへと歩きだしました。

 王柔のつま先が、白い雲のような白眼に触れようとした、その時。

「こんにちは、あなたが精霊の子デスカ?」

 何の不安も帯びていない健やかな少女の声が、王柔の耳に飛び込んできました。理亜です。理亜の声です。

「理亜?」

 王柔の心の目が精霊の子からわずかにそれたとたん、すべての怪異は消え去りました。あの自分を飲み込もうとしていた精霊の子の眼球などは、最初から全く存在していなかったかのように、何の痕跡も残されていませんでした。

「やあぁ、君は僕を見てくれているんだね! まったくありがたいよ。何しろほとんどの人は、僕ではなくて自分の見たいものを見てしまうからね」

 でも、精霊の子は王柔が何を見ていたかを知っているかのようでした。意味ありげに肩をすくめると、彼は王柔と理亜を見比べているのでした。

 ぐわっっと、王柔の心の中に怒りの波が押し寄せてきました。それは、恐れの為に一度引いていた心がより戻してきたものであり、とても高い波でした。

「自分は精霊の子を恐れ敬っているから、礼を失しないようにするにはどうすればいいかと、ここに来るまで考え続けてきた。それなのに、精霊の子の態度ときたら、あんな恐ろしいものを見せつけるなんて失礼極まりないじゃないか。それが年長者に対する態度なのか」

 この時、王柔は激しい怒りの為に、自分と理亜の違いにまで考えが回っていませんでした。

「ほとんどの人は、僕ではなくて自分の見たいものを見てしまう」と精霊の子は言いました。

 そうです。王柔が見た恐ろしいものとは、王柔が精霊の子に抱いていた畏れと恐れが形になったものでした。つまり、王柔は自分が見たいものを見ていたのでした。

 その一方で、理亜は精霊の子に対して何の先入観も持っていませんでしたから、何にも惑わされることなく、中庭で休んでいた一人の少年である精霊の子そのものを見ることができたのでした。

「あなた何か変なことを言ってマスか? ここにはあなたとオージュしかいないですから、わたしはあなたを見ていますよ? お願いがあるんデス。わたしはあなたに聞きたいコトがあるんです」

「いや、君。ほんとに君は変わっているねぇ。面白い、面白いよ。アハハハ、これは面白い!」

 理亜から「聞きたいことがある」とお願いをされたにもかかわらず、それがまるで耳に入らなかったように精霊の子は振舞いました。大きな声で笑いだすと、いかにも珍しいものに出会ったかのように、理亜のすぐ近くまで顔を寄せて、全身を観察し始めるのでした。

「ちょ、ちょっと。何をするんですか」

 女の子相手になにをするのか、と王柔が諫めても、精霊の子は全く頓着しません。興味のある存在、つまり、理亜と自分だけの世界に入り込んでいるのです。

 精霊の子とは普通の話ができないとは聞いていましたが、これはやりすぎです。

 でも、いくら声をかけても無駄だと業を煮やした王柔が、彼の身体を押しのけて、理亜を自分の背中に隠してしまうまで、精霊の子はいろいろな角度からしげしげと理亜を観察し続けるのでした。

「で、精霊の子さん、どうでした?」

「お、おい。理亜?」

 王柔が二人の間に割り込んだのは、理亜がどれだけ嫌な思いをしているかと思ったからです。でも、せっかく王柔の背中に隠された理亜は、自分からぴょこんと横に飛び出すと、何やら嬉しそうな顔をして、精霊の子に尋ねるのでした。

「何を言ってるんだ、理亜・・・・・・。ん、ええっ」

 予想外の言葉にびっくりして理亜の顔を見た王柔は、自分の目が見たもの信じられず、目を手で強く擦りました。

 何かを待っているかのような、楽しそうな理亜の顔では、瞳がキラキラと輝いていました。その輝きは・・・・・・、王柔には、その輝きが精霊の子のそれと全く同じものに見えたのでした。

「うん、面白かったよ。君、半分なんだね」

「ああ、そうデスか。わたし、半分なんデスね」

 理亜の問いかけに対して、これは大変珍しいことなのですが、精霊の子ははっきりと返答をしました。

 理亜も精霊の子に対して、「やっぱり」とでも言うかのように大きく頷いて返しました。

 王柔は、二人のやり取りから完全に取り残されていました。話の内容にもついていけていませんし、そもそも、彼がここにいることを二人ともが忘れてしまっているかのようでした。

「駄目だ、一体何をしにここまで来たんだよ、僕は!」

 日頃の王柔は、「目立ちたくない」と考えながら過ごしています。いつもであれば、自分が話の輪から外れているのであれば、そのまま黙ってやり過ごしてしまうところです。

 でも、王柔がこの場に来たのは「理亜の為に自分ができることをする」という積極的な思いからでした。

 王柔は改めて精霊の子と理亜の間に体を入れると、精霊の子に向かって一気に話し出しました。まるで、一息でもつけば精霊の子がどこかに行ってしまうと考えているかのように、頭に浮かんだ言葉を、次々と精霊の子にぶつけるのでした。 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain