コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第166話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、「月の砂漠のかぐや姫」のタブでご覧になれますし、下記リンク先でもまとめて読むことができます。

 

www.alphapolis.co.jp

 

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第166話】

 

 ドドドウッ。ドドドッドドッドッ。

 ドドド、ドドド、ドド、ダダ・・・・・・。

 冒頓が「ここだ」と見定めた場所は、すぐにやってきました。冒頓は、馬の駆ける速度を少しだけ緩めると、背中に収めた弓を取り出して左手に持ちました。

 騎馬隊の右手から前方にかけて大きな砂岩の塊があります。隊の左側には細く長い亀裂が口を開けているので、彼らは直進せざるを得ません。でも、亀裂の向こう側に広がるゴビに目を向けると、左前方、つまり、これから彼らが砂岩の塊に突き当たって方向転換をし向かう先には、砂煙を立ち上げながらこちらに向かって来る母を待つ少女の砂岩とサバクオオカミの砂岩の姿が見えます。その姿は、もうかなり大きくなっていて、騎馬隊が方向転換をした後は、真正面からそれらとぶつかることになると思われました。

 盆地に点在している砂岩の塊と亀裂のために、騎馬隊と砂岩の群れの双方が進行方向を制限されることから生じたこの位置関係でしたが、これは冒頓の騎馬隊に訪れた、母を待つ少女の奇岩とそれを守るサバクオオカミの奇岩たちに直接矢を射かける、最大にして最後の機会なのでした。

 ドド、ダダダ。ダダダ。

 ダダッ。ダダダ・・・・・・。

 冒頓は、矢筒から矢を取り出して、弓につがえました。彼の鋭い視線の先には、大柄なサバクオオカミの奇岩の背にしっかりとつかまっている、母を待つ少女の奇岩の姿がありました。

 姿かたちを見分けることができるとはいっても、お互いの距離はまだまだ離れています。それに、馬上の冒頓とサバクオオカミの奇岩の背に乗る母を待つ少女の体は、激しく上下しています。

 それでも、冒頓は、確かに母を待つ少女と視線がぶつかったと感じました。それは、砂岩の塊を相手にしているという事実からすれば、まったくあり得ないことではあるのですが、この場においては、そのようなことはもはや驚きの源にはならないのでした。

「さて、色々と借りを作っちまったが、まずは、こいつでお礼をするとしようか・・・・・・」

 冒頓は母を待つ少女の奇岩から視線を外すことなく、愛馬の上で背筋を伸ばし、キリキリと弓を引き絞りました。後続の男たちも同様でした。この瞬間は、先に進むことは愛馬に任せて、自分たちは遠く離れた敵を射抜くことに集中するのでした。

 冒頓たちが、引き絞った矢を敵に向かって放とうとした、正にその時のことでした。

 グラングラン、グランッ!

 グラグラグアッ!

 これまでも、細かな振動を続けていた地面が、「もう我慢ができないっ」とでもいうかのように、激しく揺れ出したのでした。

「な、なんだ、うわっ」

「おおう、おわっ。やべぇ、おわぁっ」

 騎馬隊の男たちは、矢を弦から外すと、慌てて手綱を取りました。

 これまでの細かな振動とはまったく違って、この揺れはとても激しいもので、地面を蹴るはずの騎馬隊の馬の足が数度空回りをするほどでした。これでは、もちろん馬を駆けさせることなどできません。それどころか、男たちは、心の底から驚かされた馬が棒立ちになって乗り手を振り落としたりしないように、また、跳ねまわって足を折ったりしないように、ただただ落ち着かせることだけに集中しなければなりませんでした。

「わ、わっ。落ち着け、怖くないから、な。落ち着いてくれっ」

 苑も、大きな揺れに驚いて跳ねまわる馬から、その小さな体が振り落とされないように必死でした。いつしか、彼の手からは弓も矢も無くなってしまいましたが、そのことに気づく余裕すらありませんでした。

 グラングラアアン!

 ズズズ・・・・・・。

 ガラグランッ。グラグラグランッ!

 大地の揺れは、緩やかになったり激しくなったりを不規則にくり返していました。

 この状態では馬上に居続けることは困難であると判断した冒頓たちは、揺れが緩やかになった瞬間を捕まえて下馬をし、馬が飛び出していかないように手綱を引き絞りながら、揺れが治まるのを待つことにしました。

 自分たちを追いかけてきていたサバクオオカミの奇岩たちも、この揺れでは走ることは難しいだろうし、たとえ追いつかれるにしても、とても馬に乗って戦える状態ではない。それだけの激しい揺れだったのでした。

「くそっ、いいところだったのによっ。なんだ、大地の精霊様か、意地が悪いのはっ」

 この激しい揺れが大地の精霊がもたらしたものだったかはわかりませんが、冒頓が悪態をついたとたんに、大きな反応が起こりました。

 グララアンッ。

 フドオオウン。シュウシュワァン・・・・・・。シュウウ・・・・・・。

 新たな大きな揺れが盆地を襲ったかと思うと、見る見るうちに大地に刻まれた裂け目に青白い光が満ち、そして、その光が大空に向けて放たれました。

 それは、雨上がりの時に雲間から光の筋が差し込む光景を、ちょうど逆さまにしたもののようでした。

 大地に幾つも口を開けていた裂け目から青白い光の束が天に向かって吹きあがっていきます。そして、間欠泉のあげる飛沫の様に、盆地の上空で青白い光の飛沫となると、再びゴビの大地に降り注ぐのでした。

 冒頓たち騎馬隊のすぐ左横の裂け目からも、青白い光の束が天上に向って吹き上がりました。そして、上空で細かな飛沫となると、彼らの上にきらきらと舞い降りてきました。

 そしてそれは、裂け目を超えた先のゴビの大地を走っていた、母を待つ少女とサバクオオカミの奇岩の方でも同様でした。彼らの近くで口を開けていた裂け目から天に向かって噴出した青い光の束が、キラキラと輝く飛沫となって彼らの上に降り注いでいたのでした。

f:id:kuninn:20180421223114j:plain