コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第171話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、「月の砂漠のかぐや姫」のタブでご覧になれますし、下記リンク先でもまとめて読むことができます。

 

www.alphapolis.co.jp

 

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第171話】

 

「おおおっっ!」

 ヤルダンの赤土の上で冒頓は叫びました。さらに、気合を入れるように自分の頬を両手でバチンと叩くと、冒頓はぶるぶると頭を振りました。その目は、自分の記憶の中を見つめるぼんやりとしたものではなくなり、敵の姿を求めてギラギラと輝くものに戻っていました。

 青く輝く飛沫によるものか、彼も他の男たちと同様に、心の奥に閉じ込めていた辛い記憶を呼び起こされていました。しかし、その記憶に捕らわれて涙を流し続ける男もいる中で、冒頓はその記憶の縛りから素早く立ち直ることができました。

 何故でしょうか。

 それは、冒頓がその辛い出来事を乗り越えて、糧としていたからでした。

 冒頓の辛い記憶は、少年の頃に接した匈奴と月の民の戦についてのものでした。その戦いにおいて、月の民の計略によって勝勢であった匈奴軍は一瞬のうちに壊滅し、その結果として、冒頓自身を含めた匈奴の立場ががらりと変わってしまいました。草原とゴビの覇権を手にしようとしていた匈奴は月の民に屈することとなり、自らは人質として月の民の元へと送られることとなってしまいました。それらの出来事の象徴としての意味合いもあって、自分の父である頭曼(トウマン)単于が率いる軍勢の上に、月の民の軍勢が放った矢が降り注ぐ様子が、冒頓の記憶の奥に深く刻みつけられていました。

 この出来事を思い返すたびに、冒頓もとても辛い気持ちにはなります。でも、彼はその気持ちの上に留まり続けてはいませんでしたし、その出来事について「ああすれば良かったのに、こうすれば良かったのに」と悔やみ続けてもいませんでした。

 それは既に終わったこと。どれだけ嘆いても死んだ者はもう帰ってこないのですし、いくら悔やんでもあの戦いの結果を変えることもできないのです。

 冒頓は、戦に勝利した月の民に人質として来たその機会を生かして、自分自身や自分たちの国をより良くより強くする方法を学ぼうと、決心したのでした。もちろん、彼のその前向きな気持ちを汲んでくれた、月の民の単于である御門という存在があったという幸運もありましたが、冒頓はその前向きな気持ちによって、自身の辛い記憶を過去のものとすることができていたのでした。

 自分の記憶の世界から現実の世界へと戻ってきた冒頓は、急いで周りの男たちの状態を確認しました。

 どうして男たちが頭を抱えたり涙を流していたりしたのか、その理由はわかりました。おそらくは、あの青く輝く飛沫によって、今まさに自分が体験していたように、自分のもっとも辛い記憶やもっとも思い出したくない出来事を呼び起こされていたのでしょう。ただ、ありがたいことに、冒頓と同時に飛沫の噴出を浴びた男たちの多くは、現実の自分を取り戻しつつありました。彼らの多くは一度目の大規模な噴出で飛沫を浴びてそこから回復しつつあったので、冒頓が浴びた二度目の噴出の飛沫を浴びても、再び辛い記憶の中に捕らわれることがなかったようでした。

 とはいえ、未だに幾人かの男たちは辛い記憶の世界を彷徨っていますし、そもそも、大規模な大地の揺れがあって下馬してから、貴重な時間をたくさん浪費してしまっています。

「くそっ、どこのどいつか、精霊だか悪霊だか知らねぇが、やってくれるぜ」

 冒頓はそう吐き捨てると、再び隊の最後列へと走りました。そこには、まだ、「羽磋殿、羽磋殿」と呟きながら何かを探すようにきょろきょろとしている、現実の世界に戻ってきていない苑がいました。

「いい加減にしろっ小苑。羽磋を助けたいなら、てめえが現実の世界で動きやがれっ」

 冒頓は、大きな声を出しながら苑に走り寄り、その頬を張り飛ばしました。そして、苑の愛馬の鞍と銅鑼やばちを結び付けている綱を、一刀の元に切り飛ばしました。

 ドンドンドンッ。ドドドンッドドドンッ!

「おらおらおらっ! ボケっとすんな、お前らっ。俺たちがいるのはヤルダンの中で、敵さんと戦いの真っただ中なんだぜっ」

 ドンッ、ドドン、ドンドンドンッ!

 ドンドンドンドンッ! ドドンドーン!

「それでも、俺の匈奴騎馬隊の隊員か、お前ら。おらっ目を覚ませっ」

 冒頓は、手に取った銅鑼を力いっぱい叩きながら、先頭に向かって隊の中を駆け抜けました。

 正気に戻りつつあった者たちは元より、ぼんやりと記憶の中を彷徨っていた男たちも、至近距離で力いっぱいに叩かれる銅鑼の轟音で、体を震わせました。その目は見開かれていて、すさまじい音の衝撃により意識が回復したことを表していました。

 もちろん、繊細な動物である馬は、この間近で突然に生じた轟音によって非常に驚かされました。大きく嘶いたり後ろ脚で蹴る仕草を繰り返したりと、激しく興奮していました。でも、冒頓には、急いで隊員たちの目を覚まさせる必要があったのでした。

「お前ら、来るぞ、あいつらがっ。目を覚まして準備しろっ!」

 冒頓が呼びかけたように、自分たちの前方にサバクオオカミの奇岩が近づいてきていました。それは、大きな揺れの前に左斜め前方に見えていた、母を待つ少女の奇岩とサバクオオカミの奇岩の群れでした。そして、冒頓たちが足を止めていた間に近づいてきたその集団は、地中から噴出した青い飛沫を身に纏っているかのように、全身を青く輝かせていました。 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain