コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第181話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、「月の砂漠のかぐや姫」のタブでご覧になれますし、下記リンク先でもまとめて読むことができます。

 

www.alphapolis.co.jp

 

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第181話】

 ザァアッ。

 二人の間を、一陣の風が吹き抜けました。

 その風が、二人の体をその場に留めていた何かを、取り去ってしまったのでしょうか。

 風が通り過ぎた次の瞬間に、冒頓が、そして、母を待つ少女の奇岩が、相手に向かって走り出しました。

 冒頓に向って正面から走り来る母を待つ少女の奇岩は、両手をだらりと後ろに伸ばしていました。冒頓は先ほどの戦いで、砂岩でできているはずのこの両手が鞭のようにしなって仲間を打ち倒していくのを、しっかりと見ていました。

「厄介な奴だぜ・・・・・・。よしっ」

 あっという間に冒頓の目の前に迫ってきた、母を待つ少女の奇岩。

 彼女を叩き切るためか、冒頓は短剣を頭上に大きく振りかぶりました。母を待つ少女の奇岩の顔は、その短剣の軌道を確認するために上を向きました。

 クンッ。ズザザァアッ・・・・・・。

 冒頓は、母を待つ少女の奇岩のその動きが起きるのと同時に、脚から先に彼女の横に滑り込みました。その冒頓の体があった空間を、ヒウッと鋭い音を立てながら、母を待つ少女の両手が切り裂いていきました。彼女は、短剣の動きにつられたかのように自分の顔をあげたのですが、その両腕を自分を守るために動かしはしませんでした。それどころか、彼女は両腕を素早く交差するように動かして、冒頓の体の両側から打ち付けてきたのです。実際のところ、彼女が顔を上に向けたのは、短剣の動きに気を取られているように見せかけて、冒頓の油断を誘うためだったのでした。

 上から切りつけるようなふりをして、その反対に大地に滑り込んだ冒頓は、頭の横に踏み込まれる母を待つ少女の足を短剣で切りつけました。

 ガチッ!

 相手が温かな肉を持つ生き物であれば、その一撃で足に大きな傷を負わせて、走ることをできなくすることができたでしょう。しかし、母を待つ少女の奇岩の足は、冒頓が崩れた態勢から放った一撃を、その表面でしっかりと受け止めたのでした。自分の振るった短剣が岩のように固い彼女の肌に弾かれたことを感じた冒頓は、勢いよく前方へ転がりながら体を起こしました。

 目標が急に目の前からいなくなってしまった母を待つ少女の奇岩は、ゴビの大地に両脚を踏ん張って、走り込んできた自分の体の勢いを止めました。彼女の両足は赤土の表面に深い傷を刻みつけながら滑り、その場には砂煙がもうもうと立ち込めました。

 先ほどまでとは位置が入れ替わった二人は、呼吸を整える間も置かずに、再度相手に向かって踏み込んでいきました。

 冒頓の短剣が上から、あるいは、下から、さらには、予想もつかない角度から、母を待つ少女の奇岩に向かって襲い掛かりました。それらは、先ほどのように態勢を崩した状態からのものではありません。その一撃を受ければ、強固な肌を持つ母を待つ少女の奇岩であったとしてもきっと無事では済まないであろうと、二人の戦いを見つめている護衛隊の男たちは思いました。

 一方で、母を待つ少女の奇岩も、両手両足を自在に操つり、冒頓の振う短剣を受け流しながら、反撃を仕掛けていました。その動きは、肉食獣の狩りを思わせたサバクオオカミの奇岩のそれよりも、さらにしなやかなものでした。ヒュウッ、ヒュンッと音を立てながら軽々と打ち振られる彼女の四肢でしたが、それが恐ろしい破壊力を持っていることは、既に証明されていました。短剣で受け止めることはとてもできないので、冒頓は体を動かしたり逸らしたりして、間一髪のところでそれをかわしつづけていました。

 ヒュン、ヒュゥゥウ!

 ザンッ、ザザァァッ!

 この戦いは、一瞬の出来事であったかもしれませんし、長い時間に及んだものであったかもしれません。

 二人の戦いは、まるでそれが二名の熟練した踊り子が繰り広げる舞いであったかのように、護衛隊の男たちの意識の全てを奪い取っていて、時間の概念などは全く存在しなくなっていたのでした。

 それでも、そこには確かに時間が流れていました。

 冒頓の短剣と奇岩の四肢が打ち合う音や彼らが大地を蹴る音に、「ハァハァッ」という苦しげな音が少しずつ混ざってきたことに、護衛隊の男たちは気がつきました。

 不思議な力によって動く砂岩の塊である母を待つ少女の奇岩とは違い、冒頓は生身の男でした。いくら鍛え上げた体を持つ彼であっても、戦いが長引くにつれて疲労が蓄積し、その呼吸が少しずつ乱れてくることは、避けることができないのでした。

「ハァ、ハァッ。くそっ、このままのんびりとやるわけにはいかねぇ。ハァッ。どこかで、仕掛けねぇと・・・・・・」

 母を待つ少女の奇岩との戦いでは、それが長引けば長引くほど自分にとって不利になることは、戦っている冒頓自身が良くわかっていました。ですから、彼は危険を承知で始めに足を狙うという奇策を試してもみたのです。しかし、それは上手く行きませんでしたし、その後も彼女から隙を見つけることができないでいました。

f:id:kuninn:20180421223114j:plain