コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第184話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、「月の砂漠のかぐや姫」のタブでご覧になれますし、下記リンク先でもまとめて読むことができます。

 

www.alphapolis.co.jp

 

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第184話】

 呪いの青い光が見せる世界は、人が眠った際に見る夢と同じで、それを見ている者にとっては現実と何ら変わりがありませんでした。つまり、自分が見ている世界が過去に経験した出来事であるのかどうかなど、それを見ている者が考えることはないのでした。そこで起きる出来事にただ心を痛め、あるいは、涙を流すだけなのでした。

 冒頓も、眩しい白一色の世界から浮かび上がっては目まぐるしく変わっていく場面の一つ一つを、全力で生きました。その後に、冒頓が見る世界は雪像が溶けるように形が崩れていき、時間が流れたかと思うと反対に遡ってみたりするなどして、混沌としたものになっていきました。

 最後には、再び白一色の世界が冒頓を訪れ・・・・・・、ふっと、気が付いた時には、冒頓は現実の世界に、ゴビの大地の上で母を待つ少女の奇岩と対峙しているヤルダンへと帰ってきていました。その時には、これも眠りがもたらす夢と同じように、青い光が彼に見せた世界を、冒頓は朧げにしか覚えていませんでした。

「な、なんだったんだ。奴が放った青い光は・・・・・・。くそ、何かを見せられたような気がするが、よくわからねぇ」

 冒頓はまだぼんやりとしている頭をはっきりさせようと、勢いよく頭を振りました。男たちが叫ぶ声・・・・・・。雨のように落ちる矢の音・・・・・・。でも、それらについて考えを巡らせる余裕は、冒頓には与えられていなかったのでした。

「ああっ、冒頓殿、しっかりしてくださいっ! あいつが狙っていますっ」

 危険を知らせる悲鳴のような声が、護衛隊の男たちから冒頓に飛びました。その声はとても切迫したものでした。そうです、冒頓に青い光を放った母を待つ少女の奇岩が、ゆっくりと冒頓に向かって歩み寄っていたのでした。

 母を待つ少女の奇岩は、冒頓の発した煽り文句に触発されて、心の奥底に沈殿していた憎しみを沸騰させていました。その結果が、あの青く輝く呪いの光の奔流だったのでした。でも、その呪いを放ったからと言って、今この場所から冒頓を無事で帰らせるつもりなど、彼女にはありませんでした。

 先ほど「奴に自分と同じ辛い思いをさせてやろう」と思ったのは確かなのですが、自分の視界に冒頓の姿を認めると、直接彼を殴りつけて殺してやりたいという衝動をおさえることができなくなるのでした。

 母を待つ少女の奇岩が自分の方へ近づいてくることには、冒頓の方でも気が付いていました。彼があの言葉を発したのは、彼女の注意を護衛隊の男たちから逸らして自分の方へ向けさせるためでしたから、この点については思惑通りでした。でも、その言葉が母を待つ少女の奇岩から引き出した怒りの苛烈さは、冒頓の想像を超えるものでした。

 冒頓は護衛隊の男から投げられた短剣を右手に持ち、母を待つ少女の奇岩を迎え撃つために体勢を整えようとしましたが、その右膝がガクンと落ちて地についてしまいました。呪いの青い光で一度は麻痺してしまった彼の感覚は、不規則な振動を続けている大地の揺れに、うまく対応することができなかったのでした。

 母を待つ少女の奇岩は、冒頓のその姿を見て薄く笑いました。

 ゆっくりと距離を詰めるかに思われたその足取りが、急に速められました。彼女の両腕は後ろに延ばされていて、鞭のようにしなるその激しい攻撃がどの角度から繰り出されるのかがわからないようにされていました。

「くう・・・・・・」

 彼女の動きが素早いことは、冒頓が一番よくわかっていました。彼女の攻撃を見てから避けることなどとてもできません。それを避けるためには動きを予測するしかないのです。でも、多くの経験を積んできた冒頓の肌はこう告げていました。「これは避けられない。もう、間に合わない」と。

 とっさに冒頓は短剣を身体の前に立てて、身を守ろうとしました。これまで、仲間を一撃で打ちのめしてきた、母を待つ少女の奇岩の攻撃です。短剣一つで身を守れるようなものではありません。でも、他にできることがなかったのでした。

「お前の・・・・・・せいだぁああっ」

 母を待つ少女の奇岩の体が、冒頓の視界一杯に大きくなりました。

 誰かの叫ぶ声が、彼の耳にうっすらと流れてきました。

 なぜだか、冒頓には全ての動きや音が、とてもゆっくりに感じられました。でも、だからといって、彼女の攻撃をかわすことはできませんでした。極限の状態に置かれている彼の神経だけはとてつもなく研ぎ澄まされていたものの、彼の体が動く速度はもうとっくに限界に達していたのですから。

「冒頓殿おっ、避けてぇ・・・・・・」

「駄目だっ。ああっ」

 母を待つ少女の奇岩が冒頓を打ち倒す、誰もがそう思ったその時でした。

 ドオオンッツ!

 ダダダアアンンッツ!

 またもや、ヤルダンの大地が激しく揺れ出しました。

 ドオドッドドドウンッ!

 ゴゴゴオオオッツ!

 その揺れは、これまでのものと比べ物にならないほど大きなものでした。

 今まさに冒頓を打ち倒さんと腕を振り上げていた母を待つ少女の奇岩は、予想もしていなかった地面の動きで大きくたたらを踏み、そのまま地面にしゃがみ込んでしまいました。それはあまりに大きな揺れだったので、もともと片膝をついていた冒頓でさえも、ひっくり返らないように必死に耐えなければなりませんでした。

 ゴゴンッ。ドオドッド・・・・・・。 

 ・・・・・・ゴゴゴゴ・・・・・・ドウン・・・・・・。

 ドオ・・・・・・。

 数瞬が過ぎてようやく揺れが小さくなってきたかと思うと、今度は大地の割れ目からこれまで以上に大量の青い飛沫が噴き出しました。

 プシュウワアアア・・・・・・。シュアア・・・・・・。

 フワン、プワン・・・・・・。

 天高く舞い上がるその飛沫は、繭玉のような大きな複数の球体を、地中から空中へと吹き上げていました。飛沫と同様に青い輝きを放ちながらふわふわと地に舞い降りた四つの繭玉は、ゴビの赤土のふれたとたんに、ぱちんと弾けました。

 その中から現れたのは・・・・・・。

 繭玉の一つから現れたのは小柄な若者でした。想像もしていなかったその姿を目にした冒頓の口から、大きな声が飛び出しました。

「お、おいっ! お前、羽磋か! 羽磋なのか!」

f:id:kuninn:20180421223114j:plain