コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【詩】ここにはいない貴方へ歌う唄

f:id:kuninn:20210808233501j:plain

 

 

 

タン タン タタタン

タン タン タタタン

 

 

柔らかな紙を束ねたノートに文字が

光るインクで綴られていく

貴方があらわす詩にはいつも

優しい音楽が宿ってる

 

顔も知らないけれど

声も知らないけれど

貴方がそこに居ることで

僕はいつも救われる

 

貴方が今日も 笑っていられますように

貴方が今日も お腹いっぱいでありますように

貴方が今日も よく眠れますように

貴方が今日も 幸せでありますように

 

 

タン タン タタタン

タン タン タタタン

 

 

藍で染めたような夏の空に鯨が

白い腹を見せて昇っていく

貴方が描く絵ではいつも

爽やかな風が吹いている

 

顔も知らないけれど

声も知らないけれど

貴方がそこに居ることで

僕はいつも救われる

 

貴方が明日も 笑っていられますように

貴方が明日も お腹いっぱいでありますように

貴方が明日も よく眠れますように

貴方が明日も 幸せでありますように

 

世界では鳥たちが喉を震わせて 愛の唄を叫んでる

色とりどりの花たちが咲き誇って 自分の美を競ってる

だけどどうしてだろう

僕が救われるのは 貴方の紡ぐ詩を聴いたとき

僕が洗われるのは 貴方が描く美に触れたとき

そして貴方に気が付いて貰えたときなんだ

 

 

タン タン タタタン

タン タン タタタン

タン タン タタタン

タン タン タタタン

 

 

いつか地球最後の日が来ても

貴方が笑っていられますように

いつか地球最後の日が来ても 

貴方が満足してそれを迎えられますように