コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【掌編小説】 泡

日本が戦後の混乱からようやく抜け出そうとしていたころの、ある若い男の話です。

これまでのあらすじ⑨(「月の砂漠のかぐや姫」第58話から第59話)

パソコンの不調により中断が長引いたため、再開にあたり第一話から中断したところまでの物語を、一度振り返りたいと思います。 「最初から読んでなかった」という方もこれで安心、すぐに本編に追いつけます!

これまでのあらすじ⑧(「月の砂漠のかぐや姫」第55話から第57話)

パソコンの不調により中断が長引いたため、再開にあたり第一話から中断したところまでの物語を、一度振り返りたいと思います。 「最初から読んでなかった」という方もこれで安心、すぐに本編に追いつけます!

これまでのあらすじ⑦(「月の砂漠のかぐや姫」第52話から第54話)

パソコンの不調により中断が長引いたため、再開にあたり第一話から中断したところまでの物語を、一度振り返りたいと思います。 「最初から読んでなかった」という方もこれで安心、すぐに本編に追いつけます!

これまでのあらすじ⑥(「月の砂漠のかぐや姫」第48話から第51話)

パソコンの不調により中断が長引いたため、再開にあたり第一話から中断したところまでの物語を、一度振り返りたいと思います。 「最初から読んでなかった」という方もこれで安心、すぐに本編に追いつけます!

これまでのあらすじ⑤(「月の砂漠のかぐや姫」第46話から第47話)

パソコンの不調により中断が長引いたため、再開にあたり第一話から中断したところまでの物語を、一度振り返りたいと思います。 「最初から読んでなかった」という方もこれで安心、すぐに本編に追いつけます!

【閑話】200編のマイルストーン

ちょっと一休み。肩の力を抜いて、閑話です。 今回は「コロナ渦で自宅待機の時に読む、くにんおすすめの本」も書いております。

これまでのあらすじ④(「月の砂漠のかぐや姫」第42話から第45話)

パソコンの不調により中断が長引いたため、再開にあたり第一話から中断したところまでの物語を、一度振り返りたいと思います。 「最初から読んでなかった」という方もこれで安心、すぐに本編に追いつけます!

これまでのあらすじ③(「月の砂漠のかぐや姫」第33話から第41話)

パソコンの不調により中断が長引いたため、再開にあたり第一話から中断したところまでの物語を、一度振り返りたいと思います。 「最初から読んでなかった」という方もこれで安心、すぐに本編に追いつけます! これからも、竹姫や羽たちと共にゴビの砂漠を旅…

これまでのあらすじ②(「月の砂漠のかぐや姫」第15話から第32話)

パソコンの不調により中断が長引いたため、再開にあたり第一話から中断したところまでの物語を、一度振り返りたいと思います。 「最初から読んでなかった」という方もこれで安心、すぐに本編に追いつけます! これからも、竹姫や羽たちと共にゴビの砂漠を旅…

これまでのあらすじ①(「月の砂漠のかぐや姫」第1話から第14話) 

皆さま大変ご心配をおかけしてすみませんでした。パソコンの不調により中断しておりましたが、ようやく環境が整いましたので、「月の砂漠のかぐや姫」、竹姫と羽の物語を、再開したいと思います。 つきましては、期間も長く空いてしまったことですし、第一話…

【閑話】ワレ ソウダフノウ

最近、不規則な動きを繰り返していた我が艦(パソコン)ですが、もうどうにもならなくなって来ました。月の砂漠のかぐや姫の原稿はあるものの、作業も出来ない。いつ前触れもなく沈没するかわからない状況を鑑み、ここに我は本艦を放棄し、総員(作品)退避する…

月の砂漠のかぐや姫 第134話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

【掌編小説】鬼ごっこ

子供たちは遊びの天才。妖怪の世界でもそれは変わらないのですが・・・・・・。「鬼ごっこ」を題材にした掌編小説です。

月の砂漠のかぐや姫 第133話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

月の砂漠のかぐや姫 第132話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

月の砂漠のかぐや姫 第131話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

月の砂漠のかぐや姫 第130話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

【閑話】190編のマイルストーン

創作が約190遍に達しましたので、ちょっと一休みの閑話です。

月の砂漠のかぐや姫 第129話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

【小説】感謝の泡沫が地を埋め尽くす ~こころにパフュームをⅡ

本年最後の更新は、唄の始まりにまつわるお話し。これには「こころにパフュームを」のさくらが、語り手として登場いたします。

月の砂漠のかぐや姫 第128話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

月の砂漠のかぐや姫 第127話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

月の砂漠のかぐや姫 第126話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

月の砂漠のかぐや姫 第125話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

月の砂漠のかぐや姫 第124話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

月の砂漠のかぐや姫 第123話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

月の砂漠のかぐや姫 第122話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…

【閑話】180編のマイルストーン

創作に関する、力を抜いた閑話です。

月の砂漠のかぐや姫 第121話

今ではなく、人と精霊が身近であった時代。ここではなく、ゴビの赤土と砂漠の白砂が広がる場所。中国の祁連山脈の北側、後代に河西回廊と呼ばれる場所を舞台として、謎の遊牧民族「月の民」の少年少女が頑張る長編ファンタジーです。「竹取物語」をオマージ…