コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第174話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、「月の砂漠のかぐや姫」のタブでご覧になれますし、下記リンク先でもまとめて読むことができます。

 

www.alphapolis.co.jp

 

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第174話】

「イナイ・・・・・・。ドコ、ニイッタ・・・・・・」

 目標に向かって真っすぐに走りこんで来たサバクオオカミの奇岩たちには、急に真横に動いた冒頓たちは、まるで消えてしまったかのようにさえ思えたのでしょう。

 母を待つ少女の奇岩の戸惑いが、冒頓たちには感じ取れました。

 初手は冒頓の想定通りに進みました。自分たちが馬に乗っているのであれば、ここで再び距離を取って弓矢での戦いに持ち込むところですが、今の護衛隊は馬を置き捨ててその両足で駆けています。それに、武器はそれぞれが手に持っている短剣です。距離を取って一方的に攻撃を加えることはできず、奇岩たちからの攻撃も届く接近した距離で戦わなければなりません。

 そうであれば、せめて相手の態勢が整っていないところで、攻撃を仕掛けたいところです。冒頓は、突撃を空振りした奇岩たちが自分たちの方に向きなおろうとしているその隙を、逃がしはませんでした。

「おめえら、行くぞっ。狙いは、あいつだぁ!」

 短剣を振りかざして号令を発した冒頓を切っ先として、鋭い槍先のようになった護衛隊は、突進を急停止してすっかり態勢の乱れてしまっている奇岩の群れに、切り込んでいきました。

「オラオラアッ。どけどけっ」

 青く輝く飛沫の光が残っていてほのかに発光しているサバクオオカミの奇岩の胴が、冒頓が振り回した短剣でざっくりと割れ、内部の赤土が血に濡れるはらわたように飛び出しました。奇岩の肌は青く輝く飛沫によって幾分かの強化がされているようでしたが、それは護衛隊の短剣が通じないということを意味するものではなさそうでした。

 しばしば交易路で交易隊を襲ってくる野生の砂漠オオカミであれば、これで十分深手を与えたと言えるのでしょうが、これまでのサバクオオカミの奇岩との戦いから、冒頓はその常識が彼らには通用しないことをよく認識していました。

「ほらよっ、喰らいやがれっ」

 動きを鈍くしたサバクオオカミの奇岩の首を短剣で叩き落してとどめを刺すと、冒頓は顔を上げて目的の相手の姿を探しました。

 母を待つ少女の奇岩。

 冒頓が目指す相手は、それだけでした。

 ウウオオッ! オオオンッ!

 サバクオオカミの奇岩も、自分たちに向かってきた獲物に対して、大きく口を開いて反撃の声を上げました。

 感情を持たぬ砂岩の塊であるサバクオオカミの奇岩です。自分たちが襲い掛かろうとしている相手が逃げるのではなく、反対に自分たちの群れに襲い掛かってきたのであっても、うろたえはしませんでした。

 それどころか、彼らに形を与えた母を待つ少女の奇岩の怒りが乗り移っているのでしょうか、護衛隊の男たちの姿が目の前に迫って来るのを見ると、彼らは興奮を押さえ切れないかのように口を開け閉めし、飛び掛かることができることまで男たちが近づいてくると、直ちに飛び掛かっていくのでした。

 護衛隊の先頭に立ってサバクオオカミの奇岩の群れの中へ切り込んでいった冒頓に対しても、彼が倒した奇岩の両脇から新手の奇岩ニ体が現れました。それらは、彼に向かって大きく跳躍してくると、彼を地面へ引き倒そうとしました。

「冒頓殿っ!」

 冒頓に向かって差し出された奇岩の前足が彼の肩にふれる直前に、冒頓のすぐ後ろについていた弁富らが素早く踏み出して、その前足を空高く切り飛ばしました。

「おうっ」

 冒頓は自分の部下が助けてくれると信じていたのでしょうか、その動きを予想していたかのように彼が上半身をかがめると、前足を切り飛ばされて態勢を崩したサバクオオカミの奇岩たちは、彼の背後の地面に崩れ落ちました。

 そのとどめは部下に任せて、冒頓はさらに前へ進みました。

 前方のサバクオオカミの奇岩が飛び掛かって来る前に、先んじて距離を詰めます。そうすることで、自分に対して相手が襲い掛かってくる角度を限定するのです。そして、相手が自分に飛び掛かってくるその瞬間に合わせて、短剣を差し出します。相手の飛び込む力と自分の剣をふるう力が合わさった結果、冒頓に飛び掛かった奇岩の塊は、まるで熟した瓜であったかのように、容易く切り割かれるのでした。

 次々とサバクオオカミの奇岩を切り裂いて砂に還している冒頓の背後でも、護衛隊の男たちは勇敢に戦っていました。

 遊牧民族が戦で用いる主な武器は弓矢でしたが、護衛隊の男たちは剣技にも秀でていました。それは、彼らは東の秦から西の西安(パルティア)やローマまで、交易隊と共に長い旅をしていましたが、その中で彼らが戦わなければならない相手は、盗賊だけではないからでした。むしろ、夜営の最中に群れを成して襲ってくるサバクオオカミなどの野生動物の方が、盗賊よりも恐ろしい敵であるとさえ言えるのでした。暗闇から表れて宿営地を襲ってくる野生のサバクオオカミやユキヒョウ等に対して、馬に乗ってから立ち向かう余裕などはありません。ただでさえ素早く動く彼らに、暗い中で離れた所から矢を射ることもできません。交易隊の仲間や駱駝などの動物を守るためには、とにかく急いで剣を持って駆け付け、焚火の明かりを頼りに戦わなければならないのです。そのため、護衛隊として活動することになった彼らは、幼少のころから身に着けていた弓矢の技に加えて、短剣や槍を操る術も訓練し、習得していたのでした。

f:id:kuninn:20180421223114j:plain