コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【閑話】 30編のマイルストーン

f:id:kuninn:20171218000232j:plain

 

 みなさん、こんばんはです。いつも、ご訪問やコメントいただき、ありがとうございます。

 おおよそ30編のマイルストーンです。あんまりカウントが正確ではないのですが、このマイルストーンは。(笑)

 

 直近は「月の砂漠のかぐや姫」ばかりの投稿になっておりますが、毎話お読みいただき、コメントまでいただいて、本当にありがとうございます。読んでくれる方がいるというのは本当に幸せで、「さぁ書くか」と重い腰を上げるのに、大きな力になっております。

 

 連載に当たって、一話完結にならないのはもちろんのことなのですが、毎話毎話が盛り上がりのある話にならなくても仕方がない、と割り切りました。新聞連載のイメージでやろうと。極端な話、ずーと風景描写の話があっても仕方がないと。

 その中で、毎話コメントをいただける有難さ。(>_<)

 あ、いや、コメント、疲れたらお休みいただいても、まったく大丈夫ですよ。(^-^; もう、読んでいただければ、それで嬉しいですから。

 

 「月の砂漠のかぐや姫」の話ばかりになりますが、少なくとも次のマイルストーンまでは、同じ舞台です。とにかく、ここを書いとかないと先が書けない、と始めから決まっていた場面が出てくることになります。

 

 これまでは詩や掌編小説なども投稿してきたのですが、やはり長編を書いていると、ほとんどすべての発想がそちらへ流れていきます。同時にいくつもの連載を抱えていらっしゃる漫画家さんなんか、本当にすごいと思いますねぇ。( ;∀;)

 

 さて、しばし休憩も終わり。

 

 「月の砂漠のかぐや姫」、また、頑張って進めてまいります。もちろん、一番楽しんでいるのは僕ですが、少しでもその楽しみが皆さんに届いていれば、嬉しいです。これからも、よろしく願いいたします!