コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第194話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、「月の砂漠のかぐや姫」のタブでご覧になれますし、下記リンク先でもまとめて読むことができます。

 

www.alphapolis.co.jp

 

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第194話】

「く、くそ・・・・・・。まただ、もうっ」

 それは砂が周囲にぶわっと舞い散るほど勢いのある転倒で、顔や体に大きな傷ができていても不思議がないほどでしたが、羽磋は体のどこにも痛いところは無いというように、直ぐに上体を起こしました。そもそも、痛みなど感じている余裕が、羽磋にあるはずはないのです。ずっと心の中でしか話すことのできなかった想い人が、正に目と鼻の先にいるのですから。

 砂の上に倒れ込んだ状態から立ち上がるのもまどろっこしく思えた羽磋は、そのまま這って進もうとしかけたのですが、直ぐに頭を振りながら立ち上がりました。どう考えても、立ち上がって走った方が速いに決まっているではないですか。でも、一瞬とは言えそのような判断ができなくなるほどにまで、彼の気持ちは急いて、また、舞い上がっていたのでした。

 オアシスは、もうすぐそこでした。

 夜とはいえ星月の光を反射してうっすらと輝いている砂上から、にゅっと立ち上っている数本の細い黒影。それはナツメヤシの木です。その隙間から見える漆黒の一面は、オアシスの湖面でしょう。

 「あっ」、と羽磋は息をのみました。

 ナツメヤシの木の影の間で、小さな黒い影が動いたのです。その影は、まるで木の幹に隠れながらこちらを窺っているかのように動いていました。ひょっとしたら、自分の声があちらに届いていたのかも知れません。そうです、きっとそうに違いありません。自分の声が輝夜姫に届いていて、それがどこから来た声なのか、輝夜姫が確認しようとしているに違いありません。

 小さな黒い影の動きをその様に感じ取った羽磋は、自分の体の奥底から、震えるほどの嬉しさが込みあがってくるのを感じました。それと同時に、今更ながらなのですが、あれほど深く傷つけてしまった彼女に会って話をすることへの恐怖も、形となって沸きあがってきました。あの時の輝夜姫の顔を思い浮かべると、羽磋は心の中が黒くて苦い何かに焼かれるようで、意味もなく大声を上げたくなりました。

 でも、どれだけそれが恐ろしかったとしても、羽磋は輝夜姫に謝りたかったのです。もちろん彼女に許してもらえればとても嬉しいのですが、許してもらうために謝るのではないのです。自分が彼女に対してとても悪いことをしてしまった、そう思うから謝りたいのです。自分は本当は彼女を悲しませるようなことを思っていないのだということを伝えて、できることなら彼女に再び笑顔になってほしいから、前へ進むのです。

 ですから、彼が覚えた恐怖はとても大きいものでしたが、彼女にやっと謝ることができるという一種の安堵を消し去ってしまうほどの力は、持ってはいなかったのでした。

「俺だよ、羽磋、いや、羽だよ。輝夜、やっと会えた、輝夜っ」

 羽磋は、成人としての名前ではなく、幼名である「羽」と名乗って、呼びかけました。大伴に成人として認められ「羽磋」という名を贈られてから、そのまま旅に出てしまっていたために、自分の口からそれを輝夜姫に伝える機会がなかったからでした。思い返してみれば、羽磋が「羽」と呼ばれ、輝夜姫を「竹」と呼んでいたあの時から、ほんのわずかな時間しか経っていないのに、なんと大きな変化が二人を訪れていたのでしょうか。

 「羽」は父である大伴から正式に成人として認められて「羽磋」となりました。 「竹」は羽磋から贈られた「輝夜」という名前を受け入れて二人だけの秘密としました。乳兄妹としていつも一緒だった二人なのに、輝夜姫を宿営地に残して羽磋は旅立ちました。輝夜姫が月の巫女の宿命に飲み込まれて消えてしまうことのないように。自分たち月の民と同じように、故郷である月へ彼女を還すために。そして、それだけでなく、広い世界を見るという輝夜姫の夢を二人で果たすために。

「輝夜ーっ。羽だあーっ」

 もう一度、羽磋はありったけの思いを込めて、オアシスに向かって叫びました。

 「羽」と名乗ったからでしょうか、オアシスの小さな黒影にも動きがみられました。ナツメヤシの木陰を動き回っていろんなところから顔を出して、辺りを窺っているようでした。

「確かに、こんな夜の砂漠で急に呼び掛けられるなんて、輝夜が不思議に思ってもしかたがない。それも、急に居なくなってしまった俺からだ。だけど、俺はここにいる。ここにいるんだよっ」

 羽磋には、小さな黒影が戸惑っているように思えました。でも、その気持ちもよくわかるような気がしました。輝夜姫にとってみれば、自分はあの出来事の後に突然にいなくなってしまったのです。

 きっと彼女は、自分がなぜいなくなってしまったのか、その理由は聞かされていないでしょう。それを話すことができるのは大伴だけですが、過去に弱竹姫を失い心に大きな痛手を負った大伴は、竹姫に月の巫女としての重荷を背負わせたくないと考え、月の巫女の力について話すことを避けてきたのですから。

 その急に消えてしまった自分の声がこんなところで不意に聞こえてきたとすれば、輝夜姫が不思議に思わない方がおかしいとさえ言えるのではないでしょうか。

f:id:kuninn:20180421223114j:plain