コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【詩】5月の共鳴

f:id:kuninn:20210521233829j:plain

 

 

 

梅雨の走りの雨が止み

僕は傘を畳んで家路を急ぐ

 

一刻も早く黒雲を払いのけようというのか風が騒ぎ

大きく張り出した木々の枝が震える

 

道には大きな水たまりができていて

靴を濡らしたくない僕は 途方に暮れる

 

すうっと傍らを通り抜けた風が木の葉から落としたのは

一粒の水滴

 

ぶわわわ

 

雲と風が押し合う空を映していた水たまりは

水滴を受け止めた個所を中心に 揺れる 揺れる

それは幾重にも重なる円を描いて 広がる

 

ぴちょん

 

肌にまとわりつくような湿った空気は

水滴が落ちた箇所を中心に 震える 震える

それは幾重にも重なる球を描いて 広がる

 

円が 球が 広がり 薄れ 消えた後

 

水たまりに映る空は 先ほどまでより明るくなり

道を通り抜ける風は 先ほどまでより乾いている

 

僕は 水たまりの空を壊さぬよう 注意深く歩いて

ゆっくりと家路を楽しむ