コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【詩】ヨルとヒカリとキミとボクと

f:id:kuninn:20210723234109j:plain

 

 

 

高台から見下ろした夜の街は 

月星が輝く夜空を地上に移したかのようだ

綺麗だねと君は無邪気に喜ぶけど

自分が消えてしまうようで僕は怖くなるんだ

 

光を放つことができるのは 君のような人だ

自分の中に輝きを持つ 恒星のような人だ

輝きを持たない僕が あの街に一人でいたとしても

きっと黒く塗りつぶされた部分のどこかにだろう

 

純粋で透明だと言われた昔の僕は

今では濁って不透明になったみたいだ

これまでに挑戦したたくさんの出来事が

小さな粒子となって自分の中に散らばっているんだ

 

光を放つことができるのは 君のような人だ

自分の中に輝きを持つ 恒星のような人だ

たとえ明日地球が 粉々になると言われても

きっとその瞬間に立ち会えることを喜ぶんだろう

 

光を放つことができるのは 君のような人だ

自分の中に輝きを持つ 恒星のような人だ

もしも君が太陽なら きっと僕は地球なんだ

君の光が絶えたときには 芯まで冷えて砕けてしまう

 

優しいねと言われる僕は ただ弱いだけ

真面目だねと言われる僕は ただ従っているだけ

自分自身で光を放つこと それは僕にはできない

他の誰かの光を受けること それしか僕にはできない

 

だけど

 

君の光を美しく輝かせるのは 僕のような人だ

たくさんの経験で得た粒子で 白く濁った人だ

たとえ明日僕が 粉々になったとしても

僕の中から飛び出した粒子が 君の光を輝かせるだろう

 

僕が集めた粒子は 君の光を反射することができる

見たこともないような 豊かな色彩で

想像を超えるような 夢幻の変化で

輝くことができる 叫ぶことができる 君を 喜ばせることができる