コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。「ちょっと不思議」「ほっと一息」などを共有できれば嬉しいです。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【詩】 孤独

f:id:kuninn:20180301231746j:plain

 

ボクはキミの声など聴いたことはない

ただ

キミが振るわせた空気の揺らぎを感じ取っただけだ

 

ボクはキミの姿など見たことはない

ただ

キミが煌めかせた光の波頭を掴み取っただけだ

 

ボクが今握っている

キミのこの手の温もりでさえ

ああ

キミのこの手の温もりでさえ

ただ

キミがそこにある標としてボクの手が伝えているに過ぎないのだ

 

それなのになぜ

ボクはキミを求めるのか

それだからこそ

ボクはキミを求めるのか

 

ボクはキミの声を聴きたい

ボクはキミの姿を見たい

ボクはキミの存在を感じたい

そして

キミにボクの存在を知ってほしい

 

ああ

それだけなのに

ただそれだけなのに