コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

2018-08-08から1日間の記事一覧

月の砂漠のかぐや姫 第22話

(これまでのあらすじ) 遊牧民族月の民の翁が竹林で拾った赤子は、美しい少女へ成長します。「月の巫女」として育てられた彼女は皆から愛されますが、彼女は「人外の存在」である自分と皆の間に見えない幕があるように感じるのです。初めて参加した遊牧で、…