コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

【詩】 ネガイ

f:id:kuninn:20171128231713j:plain

 

アサガオ咲いた あの朝も

空に響いた ライメイも

キミが唄った あのウタも

ボクが作った あのイスも

 

全てはみんな 通り過ぎ

やがてはみんな 忘らるる 

いつかはきっと このボクも

いつかはきっと キミでさえ

 

去り行くモノが 残したコトバ

 

ワレはアッタ

ワレはソコにアッタ

 

忘ルルナカレ

ワスルルナカレ

ワスレナイデ