コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第104話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、下記リンク先でまとめて読むことが出来ます。

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第104話】 

 この伝達で、びっくりしたのは苑でした。

「ええっ、羽磋殿、明日出発されるんっすか」

「ああ、昨日の話し合いで、そう決まったんだよ。この交易隊は、しばらくここに留まるそうだからさ。ここでもいろいろと勉強させてもらっているけど、まずは肸頓族の長である阿部殿にお会いして、それから色々と勉強させてもらうというのが筋というもんだし」

「そんなぁ、せっかく仲良くさせてもらってるっすのに・・・・・・。ここでお別れとは淋しいっす。い、いや、護衛隊は、羽磋殿と一緒に行けるんですよね。そうか、まだ、ご一緒できるん・・・、ううっ気持ちわりいぃ」

 びっくりして勢い良く立ち上がったのが悪かったのでしょうか、口元を抑えてしゃがみ込んでしまった苑の背中を、羽磋は苦笑しながらさするのでした。

「いや、俺も小苑と一緒に吐露村まで行けるのなら嬉しいけど・・・・・・、あんまり無理するなよ? 交易隊本体が土光村から吐露村に出発する時に、護衛隊の人がいないと困るだろう? だから、俺と一緒に行く護衛隊の人も、ほとんどの人は、ヤルダンを抜けたときにこちらに引き返してくるんだよ。だから、もし体調が悪いようなら、無理しないで、こちらに残っててもいいんじゃないか」

「さ、さびしいこと、言わ、言わないでくださいよ。一緒に狭間を抜けた、仲じゃないっ、ウウウエエッ」

「おいおい、本当に大丈夫か、小苑・・・・・・」

 

 ゴーン、ゴーン、ゴーン・・・・・・。

 

 銅鑼の響きが、交易隊の中心から周辺に広がっていきました。小野が話していた集合の合図です。

「ああ、集合の合図だ。俺は行くからな、小苑。水を飲んで大人しくしとけよ。無理するなよ」

 大丈夫かな、小苑は。

 そう思いながらも、合図が成された以上は、この場を去らないわけにはいきません。最後に羽磋は、しゃがみ込んでいる小苑の頭をポンと叩くと、駐屯地の中心に設営されている小野の天幕へ向かって走りだしました。

 

 

 

 小野の天幕の中で行われたのは、先程行った伝達に沿った仕事の割り振りでした。それが終わると、小野は羽磋を連れて、土光村の中へ向かって歩き出しました。それは、昨日、羽磋に話していたとおり、土光村の代表者に挨拶をするためでした。

 土光村の周囲は土壁で守られており、その入り口には、盗賊などからの襲撃を警戒するために、門番が立っています。その門から土光村の中央へ向けては、とても大きな通りが走っています。

 土光村は交易路の中継地として栄えている村で、国から国へと長い旅をする交易隊から、近隣の村の間を往復する小さな交易隊まで、多くの交易隊が利用していました。また、この周辺で遊牧を行っている者たちの根拠地としても、重要な役割を果たしていました。

 そのため、大通りの両側には、交易隊が荷の交換のために広げている店が、土光村の周囲に立っている土壁のようにずらりと並び、通りは常にたくさんの人でにぎわっているのでした。

 小柄な魚が水草の間をスイスイと泳ぐように、村の中心部の方へと通りを進んでいく小野。その小野は、小脇に何かの包みを抱えていました。

 彼と同じように小柄な羽磋でしたが、やはり、人込みを歩く経験が少ないせいか、どうしても遅れがちでした。少しでも離れてしまうと、小柄な小野の姿は、人波の下に隠れて見失ってしまいそうでした。

 そのため、羽磋は何度も小走りになって、小野の後を追わなければなりませんでした。

 羽磋には、周りに並んでいる物珍しい荷の数々を、ゆっくりと眺めてみたい気もあるのです。でも、そちらに顔を向けた瞬間に小野を見失って、人並みという大草原の中で迷子の小羊のようになってしまいそうで、ゆっくりとあたりを眺める余裕は、とてもありませんでした。

「あ、あれ?」

 小柄な体格が災いして、人の身体の間からしか周りを見ることのできない羽磋でしたが、視界の端に気になるものが見えた気がしました。

 見覚えのあるひょろっとした月の民の男が、年若い異国の赤髪の少女を連れて歩いている・・・・・・。

「あれは、王柔殿と理亜、かな?」

 羽磋が見かけた人影は、すぐに他の人の身体で隠れてしまい、それが昨日初めて会った二人かどうかは、はっきりとはわかりませんでした。

「なんだろう、村の中心地や倉庫の方ではなくて、村はずれの方へ行こうとしているみたいだけど・・・・・・。あ、すみません、小野殿、ここにいます。すぐに行きます」

 それが、もしも王柔達であれば、王花の酒場の方か、交易隊の荷物が預けられている倉庫の方へ向かうのではないでしょうか。

 でもその二人は、そのどちらとも全く違うところに向って、歩いているようでした。

 いや、そもそも、見間違いかもしれないな。でもな。

 はっきりとした理由は思い浮かばないのですが、何やら心がもやもやとします。

 でも、それはひととき忘れることにして、羽磋は、いつの間にか止まっていた自分の足に対して、小野が呼ぶ方向へ急いで向かうように、命令を下したのでした。

f:id:kuninn:20180421223114j:plain