コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第158話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、「月の砂漠のかぐや姫」のタブでご覧になれますし、下記リンク先でもまとめて読むことができます。

 

www.alphapolis.co.jp

 

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第158話】

 自分たちから距離を保ったままで矢を放ってくる冒頓の騎馬隊に向って、サバクオオカミの奇岩たちが一斉に走り出しました。

 バダダアッ、バダダ、バダダダッ!

 野生のサバクオオカミが決して上げることのない重みのある足音が、サバクオオカミの奇岩の群れの足元から響いていました。

 開けた盆地とは言っても、そこには人の背丈よりも高さのある砂岩が幾つも転がっています。その大岩の陰を上手く利用すれば、いくらかは騎馬隊が放つ矢を避けながら移動することもできるかもしれないのですが、奇岩たちはそのようなことには一向にかまわないようでした。自分たちの姿が相手から隠れているかどうかではなく、自分たちができるだけ早く相手に辿り着けるかどうかを、第一に考えて動いているようでした。

「おらおらぁっ!」

 ビシュ、シュシュゥ・・・・・・。

 バシュ、バウッ、ビシュツ。シュルルルル・・・・・・。

 騎馬隊の男たちは馬を走らせながら、盆地の真ん中の方から自分たちに向かって押し寄せてくるサバクオオカミの奇岩の群れに向かって、矢を放ち続けました。

 揺れる馬の鞍上からのことですから細かな狙いを定めることはできませんが、その必要はありませんでした。小魚が群れとなって泳ぐように、サバクオオカミの奇岩は密集した群れとなって自分たちに向って来ているのですから、その大きな茶色の的に向かって射れば、何本かはサバクオオカミの奇岩のどれかに当たろうというものなのでした。

 ドッ、トス、トストスッ。

 サスッ、ザスザス。バシンッ! ドスドスドス・・・・・・。

 勢いよく走るサバクオオカミの奇岩の周囲に、次々と矢が突き刺さりました。

 野生のサバクオオカミや、もちろん、人間であってもですが、自分たちのすぐ近くに矢が飛んでくれば、驚いたり慌てたりするのが普通です。しかし、奇岩たちにはそのようなところは全くありませんでしたし、それどころか、自分たちに向かって飛んでくる矢を気にする素振りすら見せないのでした。

 バダダァッ。バダダッ、ダッダダァ!

 トストス、バスバスッ、バスン! バシィ!

 ただ目標物だけを見つめて走り続ける奇岩たちに、騎馬隊の放った矢が次々と命中しました。

 でも、矢の勢いでぐらっとよろける奇岩もあるのですが、ほとんどの奇岩は背中に矢が突き刺さったことに気が付いていないかのように、そのまま走り続けるのでした。

 サバクオオカミの奇岩に命中した矢の中には、砂岩でできた彼らの足や体の一部を打ち崩したものもありました。さらには、サバクオオカミの顔と思しき場所の中央に命中し、そこから体の半分をもぎ取ったものもありました。

 それでも、恐ろしいことに、体のどこかを矢で壊された奇岩であっても、何の痛みも感じないのか、それどころか、体の一部を失ったことに気づいてもいないのか、何事もなかったかのように、走り続けます。いえ、走り続けようとします。でも、うまく体を動かすことができなくて、周りの奇岩にぶつかったりした挙句、ドウッっと大地に転がってしまうのです。そして、後方からためらうことなく走りこんでくる仲間の奇岩に踏みつぶされてから、ようやく動きを止めるのでした。

 自分たちの常識とはあまりにかけ離れたこのような敵に初めて出会ったとしたら、きっと多くの人は恐怖で身体がすくんでしまうでしょう。それは、どれだけ体を鍛えた強靭な男であっても、健康な心を守るための自然な反応として起こり得ることです。

 でも、冒頓の率いる騎馬隊は、すでに一度、交易路でサバクオオカミの奇岩との戦いを経験していました。

 例え、通常であれば逃げたり倒れたりするような傷を与えても、それを全く感じ取ることなく自分に向かってくる敵であったとしても、自分たちの武器で決定的な傷を与えれば倒すことができると判っているのです。そうであれば、それは「どうすることもできないという恐怖を感じる敵」ではありません。単なる「倒すことが困難な、手ごわい敵」に過ぎないのです。

 冒頓の騎馬隊の男たちは、自分たちの放つ矢の雨に怯むことなく、背中に突き立った矢を気にすることもなく、どこか体が欠けてしまったとしてもひたすらに足を動かして、倒れた仲間を砕き、土に還しながら、一直線に近づいてくるサバクオオカミの奇岩たちに対しても、混乱をしたり、ましてや、恐怖に駆られて逃げだしたりすることはありませんでした。

「オウ、オウ、オウッ」

「へへっ。まったく、しぶとい奴らだぜっ」

 盆地の外周に沿って馬を走らせ続ける冒頓に続きながら、彼らは何度も弓を引き続けるのでした。

 なかなか、サバクオオカミの奇岩の数を減らすことはできないものの、このままうまく距離を保って戦うことができれば、いずれは全滅させることができそうです。男たちの心に、ほんの少しだけ余裕が生まれようとしたその時、岩と岩をこすり合わせるような、生理的に人の心をざわつかせる声が飛んできました。ひょっとしたら、その声は空気を震わせる普通のものではなく、心そのものに伝わってきたものかもしれませんが、戦いの中にいる男たちにとって、それはもう区別のつかないものになっていました。

f:id:kuninn:20180421223114j:plain