コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第180話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、「月の砂漠のかぐや姫」のタブでご覧になれますし、下記リンク先でもまとめて読むことができます。

 

www.alphapolis.co.jp

 

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第180話】

「チィィ、くそっ」

 冒頓は短剣を横に払って彼女の胴を切ろうと動きましたが、既に彼女は彼の横を走りすぎて後続の男たちの中へ飛び込んでいました。

 足を止めて多数の者に取り囲まれるのを嫌っているかのような彼女の動きは、冒頓たちが騎馬で多数の者と戦う際の動きに似ていました。実際にこのように動かれると、彼女の動きは冒頓たちよりも速いので、護衛隊にとっては非常に厄介なのでした。

「そら、そらぁっ! くぅっ」

「なんだ、こいつ、速いぃ・・・・・・。ぐふぅ」

 母を待つ少女の奇岩は、冒頓の首を飛ばすことには失敗したものの、それ以上彼にこだわることはせずに、攻撃の対象を後続の男たちに移していました。彼女は自分の両腕をまるで剣のように振り回し、棒のように突き出したりしながら、勢いを保ったままで男たちの間へ走り込みました。

 母を待つ少女の奇岩は、右側から現れた男の振う短剣を左に跳んでかわし、同時に左側から攻撃を加えようとしていた男の腹を激しく突きました。男が体を折り曲げて大地に倒れる横を駆けて前へ出ると、頭上から振り下ろされた短剣を左手で跳ね飛ばしました。そして、その短剣を握っていた腕を右手でガシッと掴むと、拒むことのできない強い力で攻撃をしてきた男の体を後方へ投げ捨てました。

 さらに、母を待つ少女の奇岩は、自分を傷つけようと切りかかってくる護衛隊の男の短剣を身体をくるりと回転させてかわすと、その脚と思われる分かれた部分を男の太ももに叩きつけました。たちまちビシイッと嫌な音がその場に響き渡り、男は苦悶の表情を浮かべて太ももを押さえながら崩れ落ちました。

 母を待つ少女はさらに前へと走りました。

 今度は、自分の両脇から同時に突き出された二本の短剣を、超越してかわしました。飛び上がった彼女は、その場に突き出された男たちの手の上に降り立ちました。

「グアアアアアッ!」

 短剣を握りしめた手の上に砂岩の塊を載せられた護衛隊の男たちは、大地にねじ伏せられた状態で絶叫を上げ続けました。

 下を向いて自分の足元で叫び声をあげる男の頭を踏みつぶそうと思えば、母を待つ少女の奇岩にはそれができたでしょう。でも、彼女はそれをせずに、前を向きました。短剣を構えている護衛隊の男たち数人の向こう側には、ゴビの荒れ地が見えました。もう少しで護衛隊の中を突破できそうです。彼女は再び走り始めました。

 護衛隊の最後尾にいた苑は、自分が見ているものが信じられませんでした。人間のようにほっそりとした砂岩の像が、冒頓の必殺の剣をかわし、屈強な先輩たちを次々と打ち倒しながら、この最後尾までやってきたのです。

 それでも、苑の体は動きました。年若いとはいえ、彼も冒頓の護衛隊の一員です。恐怖で身体がすくんで動かなくなることなど、ありはしないのです。

「アアアッ!」

 苑は横にいた隊員と呼吸を合わせて、向ってくる奇岩に短剣を突き立てました。

 ゴウッ。

 母を待つ少女の奇岩は、それぞれに別個に対応するのではなく、ひとっ飛びに彼らの横へ跳ねると、苑の横にいた男の腰を脚で蹴り飛ばしました。男の体は、まるで丸太で突き押されたかのように浮き、苑の身体を巻き込みながらゴビの大地の上に転がりました。苑は突然に生じた真横からの衝撃に対応できませんでした。彼の視界はグルグルと回転したのち、ゴビの大地を上にした状態で止まりました。

 母を待つ少女の奇岩は、護衛隊を突き抜けて反対側へ飛び出した後も止まらずに走り続け、安全な距離を取ってから、ようやく振り返りました。

 母を待つ少女の奇岩に向かって行った冒頓たち護衛隊は、隊の中央を彼女に突破されてすっかりと隊形を乱していました。もともと、冒頓が率いていた男たちは二十数人の小さな集団ではありましたが、たった一度の母を待つ少女の奇岩との接触で既に半数近くの者が大地に倒れていました。

 その様子を見て取って手ごたえを感じたのか、母を待つ少女の奇岩はぐっと体を前に倒し、再び男たちに向かって駆けだそうとしました。

「やべえな、このままじゃジリ貧だぜ・・・・・・」

 今は彼女から最も遠いところにいる冒頓は、急いで彼女に向かって走りました。

 残念ですが、先ほどの様子から、自分の部下たちでは彼女に立ち向かうことができないと認めなくてはなりません。再び彼女に隊の中に飛び込んでこられたら、さらに犠牲者が増えるだけです。

 なんとか、彼女に最初の一太刀を浴びせてその動きを鈍くしなければ、多勢の利を生かすことなどできません。そして、それが可能なのは自分だけだと、冒頓は判断したのでした。

「いいか、お前らぁっ。俺があいつに一発くらわすまで、手を出すなっ」

「う、うすっ」

 護衛隊の男たちは、自分の近くに倒れている仲間たちの体を引きずりながら、慌てて左右に分かれて行きました。

 母を待つ少女の奇岩。

 匈奴護衛隊の隊長である冒頓。

 二人は少し距離を置いた状態で正対をし、にらみ合うことになりました。

 あまりに緊迫したこの様子を、護衛隊の男たちは固唾をのんで見守ることしかできないでいました。

f:id:kuninn:20180421223114j:plain