コトゴトの散文

日常のコトゴトが題材の掌編小説や詩などの散文です。現在は「竹取物語」を遊牧民族の世界で再構築したジュブナイル小説「月の砂漠のかぐや姫」を執筆中です。宜しければ、ひとときおつきあいください。

月の砂漠のかぐや姫 第165話

f:id:kuninn:20190407234139j:plain

(これまでのあらすじ)

 月の巫女である竹姫と、その乳兄弟である羽磋。月の巫女としてではなく、素の自分の居場所が欲しいと頑張る竹姫に、羽磋は「輝夜」(かぐや)の名を贈り、自分が輝夜を望むところに連れて行くと約束します。それは二人だけの秘密でした。しかし、大砂嵐から身を守るために月の巫女の力を使った竹姫(輝夜姫)は、その大事な秘密を忘れてしまいます。月の巫女はその力を使った代償として自らの記憶・経験を失い、最悪の場合は、その存在が消えてしまうのです。それを知った羽磋は、輝夜姫が無事に生を全うして月に還ることができる方法を探すため、肸頓族の阿部の元へと旅立ったのでした。

 

※これまでの物語は、「月の砂漠のかぐや姫」のタブでご覧になれますし、下記リンク先でもまとめて読むことができます。

 

www.alphapolis.co.jp

 

 

【竹姫】(たけひめ)【輝夜姫】(かぐやひめ) 月の巫女とも呼ばれる少女。人々からは「竹姫」と呼ばれる。羽磋に「輝夜」(かぐや)という名を贈られるが、それは二人だけの秘密。

【羽磋】(うさ) 竹姫の乳兄弟の少年。貴霜(くしゃん)族の有望な若者として肸頓(きっとん)族へ出されることとなった。大伴の息子。

【翁】(おきな) 貴霜族の讃岐村の長老。夢に導かれて竹姫を拾い育てた。本名は造麻呂。

【大伴】(おおとも) 羽の父。貴霜族の若者頭で遊牧隊の隊長。少年の頃は伴(とも)と呼ばれていた。

【阿部】(あべ) 大伴の先輩で良き理解者。肸頓族の族長。片足を戦争で失っている。

【小野】(おの) 阿部の信頼する部下。片足を失くした阿部に代わっ

て、交易隊を率いている。小野と言う名前だが、30代の立派な成人。

【御門】(みかど) 月の民の単于(王)。

【冒頓】(ぼくとつ) 烏達渓谷の戦いで大敗した匈奴が月の民へ差し出した人質。匈奴の単于の息子。小野の交易隊で護衛隊長をしている。

【苑】(えん) 匈奴から冒頓に付き従ってきた従者の息子。成人していないので、親しいものからは「小苑」(しょうえん)と呼ばれる。

【王花】(おうか) 野盗の女頭目

【王柔】(おうじゅう) 王花の盗賊団の一人。交易隊の案内人。

【理亜】(りあ) 王柔が案内をしていた交易隊が連れていた奴隷の少女。

 

 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain

【第165話】

「母を待つ少女の奇岩の周りにもサバクオオカミの奇岩がいて親分を守っているんだろうが、今までのあいつらとの戦いからすると、しっかりと隊形を組んで突撃すりゃあ、周囲の守りを突き破って母を待つ少女の奇岩の元まで行き、そいつをぶっ壊すことは、十分にできるはずだ。そして、おそらくは、母を待つ少女の奇岩さえ壊してしまえば、この訳のわからねぇ現象は治まるはずだ・・・・・・」

 これまでの奇岩との戦いの中で、奇岩の側から伝わってきた気配は、母を待つ少女の奇岩が発する激しい憎しみや怒りだけでした。このことから、この不可思議な現象の源は、やはり母を待つ少女の奇岩であって、サバクオオカミの奇岩はそれが生み出した波のようなものにすぎないと、冒頓は踏んだのでした。

 ドドウッドドウ、ドッドドドウッ。

 ドドッドドウ、ドドドウダッドゥッ。

 騎馬隊は、蹄の音を激しく響かせ、砂煙を巻き上げながら進みます。

 できることなら、母を待つ少女の奇岩の元へまっすぐに馬を走らせて行きたいところですが、冒頓たちとそれらの間には、幾つもの大きな割れ目が大地に口を開けており、それは叶いません。また、砂丘と言っても過言ではないような大きな砂岩から、天幕を大きくしたぐらいの大きさの岩の塊まで、大小さまざな岩の塊が、盆地には散在しています。騎馬隊の先頭に立って後続を導く冒頓は、見落としていた割れ目に落ちてしまうことや、砂岩の塊を迂回した先が別の岩や裂け目で行き止まりになっていたということがないように、全速力で馬を駆けさせながらも、周囲の状況に細心の注意を払っていました。

 ドドドウ、ドドッ、ドドドウドドッ。

 ドウ、ダダアウッ。ドドドドウ、ダダウッ。

 ドドド、ドドドウ、ドド、ダダウッ。

 ダンッダンッ。ドドドウッ。

 騎馬隊が駆けているその後ろに目を転じてみると、サバクオオカミの奇岩が彼らを追いかけてきていますが、全速力で駆ける馬の速度には追い付けず、彼らとの間には少しの距離が生じています。

 盆地の赤土は、相変わらず細かに振動を続けています。いえ、それだけではなく、ときおり「グラグラッ」と大きな揺れまでもが、起こるようになってきています。このまま揺れが大きくなるようだと、いずれ馬が走ることができないほどの大きな揺れになるかもしれません。なんとしてでも、一刻も早く母を待つ少女の奇岩を打ち崩したいと、冒頓は最短の道を探して前方を注視しました。

 ドドドウ、ドド、ドドドウッドウンッ。

 ザウドドウ、ドドウ、ドウッ。

 揺れる視界の奥の方では、サバクオオカミの奇岩でしょうか、いくつかの小さな岩の塊がこちらに向けて動き出したのが確認できました。母を待つ少女の奇岩の側でも、冒頓たちが自分たちの方へ向かってきているのを認識したのでしょう。動き出したサバクオオカミの奇岩の中には、一つだけ周りと形が異なるものも見受けられました。騎馬隊を攻撃する好機と考えたのでしょうか、母を待つ少女の奇岩そのものまでもが動き出していました。母を待つ少女の奇岩は、他のサバクオオカミの奇岩よりも一回り大きなものの上に乗っているようでした。

「おうおう、とうとうお出ましときたか。このまま行くと・・・・・・、そうだ、あそこだっ」

 冒頓は自分たちがこれから進もうとしている経路と、母を待つ少女の奇岩やサバクオオカミの奇岩が進もうとしている経路を、わずかな時間で頭の中に描きました。そして、両者が激突する前に、絶好の位置関係が生じる場所があることに気が付きました。そうです、ちょうど、奇岩の群れが騎馬隊の左前方に位置する瞬間があるのでした。

 ドドド、ドドオドッドドドッ。

 ドドドウ、ドヅドドオドッ。

 ドド、ドドドウ、ドドドドドッ。

 ドドンッ。ドドッドドットドオッ。

 全速で走る馬の上では、後ろを振り返る余裕はありません。

 冒頓は、しっかりと手綱を握って馬を御しながら、隊全体に届くように腹の底から大声を絞り出しました。

「お前らあっ、あいつが動いたっ。この先で矢を射かけるぞぉっ! ここが力の見せ場だぜ。気合入れて射ろよっ!」

 如何に乗馬の技術に優れた匈奴騎馬隊と言えども、弓を射かけながら走るときには、今のような速度は出せません。かといって、弓を射やすいようにゆっくりと走っていれば、一度は引き離して距離の余裕ができているものの、彼らの肉を食いちぎろうとあきらめることなく追いかけてきているサバクオオカミの奇岩の群れに追いつかれてしまいます。

 できるだけ速度を落とすことなく馬を走らし、でも、何度もないこの機会を最大限に生かせるように、正確に狙いをつけて矢を放たなければならないのです。並の技量の男であれば走る馬から落下する恐れさえあります。

 これはとても難しい状況と言えるものでしたが、冒頓の騎馬隊の男たちがあげた声は、緊張で震えたものではなく、ようやく自分たちの力を奮える場が来たことに対する、興奮で震えたものでした。

「イィッ、ヤッホウッ! 待ってましたぁ!」

「ウウウッッシャァ! シャァ! シャアッ!」

 そして、この騎馬隊の最後尾を走る苑も、冒頓の声に対して馬上から大声で応えるのでした。

「よしっ、よしっ、よおぅしっ! 俺も、俺も、やるっすっ!」 

f:id:kuninn:20180421223114j:plain